2014年05月24日

AKB48第6回選抜総選挙速報発表その3 フューチャーガールズ

総選挙速報の記事、3回目は49位〜64位のフューチャーガールズを見ていく。

下の表の見方:名前の色は所属グループを表している。AKBはピンク、SKEは黄色、NMBは青、HKTは黒、乃木坂は紫。兼任メンバーは元のグループの色になっている(たとえば松井珠理奈は黄色、柏木由紀はピンクとなる)。票数の後ろのカッコ内は昨年の順位を表している。

49位:岡本尚子 3778票(速報57位・最終圏外)

50位:多田愛佳 3767票(速報41位・最終43位)

51位:岩立沙穂 3751票(速報55位・最終圏外)

52位:市川美織 3608票(速報44位・最終57位)

53位:宮前杏実 3599票(速報圏外・最終圏外)

54位:阿比留李帆 3545票(速報圏外・最終圏外)

55位:谷川愛梨 3514票(速報圏外・最終圏外)

56位:生駒里奈 3510票(初参加)

57位:松岡菜摘 3481票(速報圏外・最終圏外)

58位:小林亜実 3471票(速報19位・最終47位)

59位:上西恵 3417票(速報31位・最終40位)

60位:宮崎美穂 3372票(速報圏外・最終圏外)

61位:古畑奈和 3354票(速報圏外・最終圏外)

62位:木本花音 3332票(速報64位・最終31位)

63位:内山奈月 3324票(速報圏外・最終圏外)

64位:高城亜樹 3315票(速報37位・最終20位)


l下位から順番に見ていこう。

64位はあきちゃ。昨年はJKTとの兼任としての参加だったが、大組閣で兼任が解除になってAKB専任に戻った。昨年は速報37位の出遅れを挽回して、最終では20位に入った。今年も最終では順位を上げる可能性が高いが、昨年より速報の票数が減っているのは気がかり。

63位はなっきー。14期では2人目のランクイン。14期は6人いて、うち3人が「三銃士」「てんとうむChu!」なのだが、なっきーはそっちじゃない方の3人で、同じく「じゃない方」である前田美月・橋本耀と「かぶとむChu!」なる非公式ユニットを組んでいる。ちなみに14期最年長で、現役女子大生である。どう考えても推されている方ではないので、ファンが非常によく頑張ったのだと思う。この位置だと最終でのランクインはギリギリか。

62位はかのん。速報に強いSKE勢としては珍しく、昨年は速報でギリギリの64位から最終では31位までジャンプアップした。今年もやや低めのスタートになったが、昨年よりわずかに順位は上がっているし、票数も1000票以上増えているので問題ないと思われる。

61位はなお。昨年からAKBを兼任している。昨年のランクインも期待されていたが速報・最終ともに圏外だった。これが初ランクインとなったが、もう少し上に来るかと思ってたので予想より低い。最終で順位を上げられるか。

60位はみゃお。第1回総選挙では18位だったのだが、その後21位→27位→38位と順位が下がり続け、昨年はついに圏外となってしまった。今年は盛り返し、速報で60位に入った。おととしは速報から順位を上げたので、最終ではさらに順位を上げてくる可能性もある。

59位はけいっち。昨年は速報31位・最終40位で、NMBでは4番目だった。今年は出遅れた。ちなみに票数も昨年から減ってしまっている。圏外になることはないと思うが、ここからどこまで盛り返せるだろうか。

58位はこあみ。昨年は速報19位・最終47位とかなりの速報型だった。今年は昨年から大きく票数を減らしている。ほぼ半減になっているので、おそらく戦略が変わったものと思われる。昨年のように最終で大きく順位を落とすことはないのではないだろうか。

57位はなつ。HKTではずっと選抜に入っているが、選挙では過去2回圏外だった。今回の速報ではHKT勢が全体的に票を伸ばしており、その勢いに乗った形となった。とはいえ元々ランクインしてもおかしくないほどの人気はあったので順当だろうか。今後順位を上げるか下げるか微妙なところ。

56位は生駒ちゃん。2月の大組閣で、「交換留学生」としてAKBとの兼任になった乃木坂46の中心メンバー。今回大きな注目を集めていた1人だが、速報では56位となった。低めのスタートにも思えるが、実は今回初参加のメンバーとしては唯一速報でランクインしたので、そこまで悪くもないと思われる。しかし、乃木坂メンバーの参加は初ということもあり、今後の傾向もまったくつかめない。順位を下げてもおかしくないし、大きく上げてもおかしくない。ただこの位置ならば、圏外も選抜もないような気がする。

55位はあいり。NMB2期生で、NMBでは「ナギイチ」から選抜に入り続けている。今回速報で苦戦したNMB勢の中で見事ランクインを果たした。NMB2期生のランクインは69位のゆいぽんと2人だけ。ここからさらに順位を伸ばすことができるだろうか。

54位はりぃちゃん。SKEの2期生だが、これまでSKEの選抜には一度も入ったことがない。この選挙でランクインしてアピールしたいという思惑もあると思われる。まず速報でのランクインには成功したが、SKEでいうと17番目なので、SKEの選抜に入るにはもっと順位を上げたい。

53位はあみ。SKEの5期生だが、SKEの選抜には入ったことがない。今回SKE5期は5人が入っていて、SKEの中では2期と並んで最多となった。54位のりぃちゃんのところでも触れたが、このままの順位であればSKEの中では16番目となるため、SKEの選抜入りに向けてアピールすることができる。ファンとしてはさらに後押ししたいところだろう。

52位はみおりん。昨年からNMBとAKBの兼任になっていたが、大組閣によってNMBに完全移籍した。ここ2回の選挙は58位・57位と安定しており、今回の速報も同様の結果となった。最近はテレビにピンで出るようになっており、もう少し順位を伸ばしたいところか。

51位はさっほー。AKBの13期生は今回3人ランクインしたがその中でも最上位となった。昨年は速報で55位に入りながらも、最終では圏外となってしまった。今年は昨年からさらに票数を伸ばし、順位も上げた。80位まで枠が拡大したことを考えると、順調にいけばランクインの可能性は高い。今年こそ最終ランクインできるか。

50位はらぶたん。第1回からランクインを続ける数少ないメンバーの1人(今年の参加者では13人)。第1回の20位以降順位が下がり続けていたが、昨年はHKTへの移籍がプラスとなり初めてランクアップを果たし、43位に入った。らぶたんは速報と最終の順位がそれほど変わらないタイプなので、最終でもこのあたりの順位だろうか。

49位はなおぽん。HKTの2期生。昨年は速報で57位に入ったが最終で圏外となった。今年は昨年からさらに順位を上げ、暫定でフューチャーガールズのセンターとなった。さっほー同様、この位置であれば今年はランクインの可能性も高い。

この16人が暫定のフューチャーガールズ。ここは姉妹グループが多く、AKBが4人、SKEが5人、NMBが3人、HKTが3人、乃木坂が1人と、ある意味バランスのいい感じになっている。またこのあたりは、昨年圏外だったメンバーも多いため、最終では順位が大きく入れ替わることも予想される。もっと上に行くメンバーもいれば、圏外になるメンバーもいるかもしれず、ファンとしては油断ができない順位である。

次回は33位〜48位のネクストガールズを見ていく。

ラブラドール・レトリバー Type-A(通常盤)(多売特典生写真なし) - AKB48
ラブラドール・レトリバー Type-A(通常盤)(多売特典生写真なし) - AKB48

posted by K at 13:23 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: