2014年06月14日

W杯開幕

世界最大のスポーツの祭典、サッカーワールドカップが開幕。開幕戦のブラジル‐クロアチアがおこなわれ、ブラジルが3−1でクロアチアに逆転勝ちした。

日本人の西村雄一さんが主審を務めるということで、日本でもいつも以上に注目されていた開幕戦だけど、その西村さんのPKの判定が大きな議論となっている。

サッカーはあまり詳しくないのであれが誤審だったかどうかはわからない。たしかにクロアチアのDFが手でつかんでいたけど、あれであんな風に転ぶとは思えないし、フレッジの転び方は大げさな気がする。

でも一つ言えるとしたら、もし日本がクロアチアの立場だったとしたらやっぱり文句を言っただろうなと。「誤審だ」とまでは言わないかもしれないが、しばらくその審判のことは忘れないだろうし、相手が開催国のブラジルだから余計に腹も立つかもしれない。だからクロアチアの人が怒るのはわかる。選手や監督が言うのはちょっとどうかなとも思うけど、試合直後だし感情が高ぶっているのもあるんだろう。

ただ、西村さんは自分の基準に則って判断をしたんだろうから、もし今後も主審をする機会があるならばぶれない判定をしてほしい。開幕戦を任されたということはそれだけ信頼されているということだから。

あとは、日本もエリア内での守備は相当気をつけないといけない。今回の大会はこの試合が基準になるはずなので、うかつに手を出したりするとPKを取られるおそれがある。今の日本は攻撃力は高いが、守備は不安があるので余計なPKは与えたくない。

日本の初戦は日曜日。とにかく初戦は何が何でも勝ってほしい。
posted by K at 00:02 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: