2014年07月18日

7月18日 オールスター第1戦 セ7−0パ

セリーグはマエケン、パリーグは岸が先発。試合が動いたのは3回。セリーグはパリーグの2番手・西からチャンスを作ると、広島の菊池、阪神の鳥谷、広島のエルドレッドの3者連続タイムリーで3点を先制する。5回にはふたたびエルドレッドのタイムリーで1点を追加すると、7回にはまたしてもエルドレッドが、今度は2ランホームランを放つ。セリーグの投手陣はマエケンが3イニングを投げた後、大野、井納、一岡、山口、三上とつなぎ、完封リレー。9回にブランコのタイムリーで1点を追加したセリーグが完勝で初戦を取った。

今年のオールスターファン投票は広島勢が多数選ばれ、原監督はファン投票重視のオーダーを組んだが、それが大当たりした。MVPとなったエルドレッドを筆頭に、先発のマエケン、スタメンで出た丸、菊池、堂林、リリーフで登板した一岡がそれぞれ活躍を見せた(残念ながらキラはノーヒット)。エルドレッドは試合前のホームランダービーでも圧勝だったが、本当に調子がいいんだろうな。後半戦どれだけ打つか、敵ながら楽しみ。

セリーグの投手陣は見事な完封リレー。さすがにリーグを代表する投手たちだった。井納は危なかったが、一岡が火消しした。

巨人の選手は3人出場。坂本・阿部はノーヒットだったが、山口が1イニングをわずか7球で抑える活躍を見せた。菅野・村田の出番は明日だろう。

パリーグはほとんどいいところがないまま終わってしまった。ヒットを打ったのは陽(猛打賞)、長谷川、藤田の3人だけ。無失点に抑えたのも岸だけで、その後の西、福山、クロッタ、佐藤がことごとく失点してしまった。明日はパリーグの逆襲も見たいところ。

表彰選手は、MVPがエルドレッド、敢闘選手がマエケン、岸、陽だった。

明日は甲子園で第2戦。注目の先発投手は、セリーグが藤浪、パリーグが大谷と、高卒2年目投手対決となった。この対決は非常に楽しみだ。大谷が何キロを出すかも注目。

posted by K at 22:24 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: