2014年08月04日

8月3日 巨人2−7広島

巨人は2回、ロペスの2ランで先制。先発の大竹は5回までわずか1安打に抑える好投を見せていたが、6回に突如崩れる。ワンアウト後に堂林にホームランを浴びると、さらにツーベース、四球でつながれ、エルドレッドにタイムリーを浴びたところで降板。後を継いだ青木と香月も打たれ、この回一挙6失点。その後9回にも1点を取られた。打線も3回以降、ヒットが出てはダブルプレーの拙攻が続き、2−7の大敗となった。

今日も試合は見られず。

前回良いピッチングを見せた大竹だったが、今回も5回までは良かった。どうしていきなり6回に崩れたんだろうか。青木と香月が打たれたのも、あまりに急に崩れて準備ができてなかったからなのでは、と思うほどに6回だけおかしくなってしまった。大竹は前回の広島戦もあまり良くなかったが、古巣相手だと調子が出ないのだろうか。まあ、一時期よりは良くなっていると思うので次回に期待しよう。

打線はもういつも通り。ただ今日は、1番から6番まででヒットが出なかったのは坂本と亀井だけという、いつもと逆の結果になった。ただここまで引っ張ってきた坂本と亀井を今日打てなかったからと言って責めることはできない。なかなかかみ合わないな。

ただ、他の選手が打ったというのはいい傾向。とくに、今日も2安打を放った4番の阿部と、来日後初めてマルチヒットとなったセペダ。セペダは今日全打席出塁だったし、ついに本領を発揮してくれるのだろうか。阿部もまだまだこんなもんじゃないと思うが、兆しは見えてきたと思うので、期待していいかもしれない。

これでこのカードは1勝1敗1分、またもカード勝ち越しはならなかった。オールスター後はまだカード勝ち越しがない。その割に意外と差は縮まっていないものの、このままだといつ逆転されてもおかしくはない。そろそろ目覚めてほしい、とくに打線。

明日は試合がなく、あさってからは横浜でDeNA戦。澤村が抹消されたので、先発は杉内と小山、そしてどうやら宮國とのこと。杉内と小山はある程度計算できるからいいとして、注目は宮國。今季はいまだ1試合の登板にとどまっており、2軍での成績もあまり良くない。それでもチャンスをもらえるというのは期待されているということだろうし、どうにかこのチャンスをものにして、一皮むけてほしいところ。といって別のピッチャーになるかもしれないが。

タグ:巨人 野球 広島
posted by K at 00:20 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: