2014年08月31日

8月30日 巨人4−5DeNA

初回、グリエルのタイムリーとブランコの2ランでDeNAが3点を先制する。その後は巨人大竹、DeNAモスコーソが点を与えず、6回までこのスコアが続く。7回、村田とロペスの連続タイムリーで巨人が2点を返すと、さらに8回、阿部の犠牲フライと村田の内野ゴロの間にランナーが帰り、逆転に成功する。しかし粘るDeNAはその裏、グリエルのホームランで同点に追いつく。試合は延長戦に入り、10回、DeNAはマシソンからノーアウト満塁のチャンスを作る。次の山崎がダブルプレーで2アウト2,3塁となるが、続く桑原が内野と外野の間にポトリと落ちるヒットを放ちサヨナラ。DeNAが巨人の連勝を止めた。

またしても勝ちパターンが打たれての敗戦。今後が心配になる。

先発の大竹は6回3失点。初回に3点を取られたのは痛かったが、そこからずるずると行かずに6回まで投げ切ったので、まあ最低限の仕事は果たしたと思う。この粘りのピッチングがあったから一時逆転するところまでいったんだろう。

しかし、リリーフ陣が誤算。リードした8回に追いつかれたのは香月だが、まず香月に8回も投げさせた采配が正しかったかという疑問はある。理由は分かる。山口がこの前の試合で打たれていて不安があること、明日の試合はリリーフを多く使うことが予想されること、マシソンもあまり回跨ぎさせたくない、などを考えるとわからないこともないが、結果的に裏目に出てしまった。今年はリリーフの回跨ぎが例年より多い気がするが、個人的には、回跨ぎは極力させるべきではないという考え。先発が序盤で降板したとか、延長に入りそうだが信頼できる投手が少ないとか、そういうよっぽどの理由がなければリリーフは原則回跨ぎはさせてほしくない。今日に関してはリードして残り2イニングだったし、リリーフの数も揃っていたので、不安はあっても8回は山口か西村でいってほしかった。結果論かもしれないが。そして10回はマシソン。最近はしっかり休養も取れていたと思うのだが4本もヒットを打たれた。山口もマシソンも不安定だと、この先も勝ち試合を落としかねない。せめてどちらかでもいいので、一刻も早く復調してほしい。

打線は初対戦のモスコーソに6回までわずか1安打と抑えられたが、7回に捕らえた。7回と8回の集中打は見事。理想を言うならば、今はリリーフに不安があるので、点差をつけたいところ。今月は13勝しているが、4点差以上つけたのはわずか3試合だけだ。

明日の先発は巨人が久保、DeNAが井納。久保とは正直驚いた。てっきり江柄子で行くものだと思っていた。久保の先発は2009年以来5年ぶり。今年はリリーフで40試合に登板している。おそらく短いイニングになると思うが、とにかくできるだけ失点しないように頑張ってほしい。相手の井納はすでに2ケタ勝利を挙げているが、ここ1ヶ月は勝ちがない。巨人戦は今季初登板となる。最近の調子はあまり良くないようなので、序盤から打ち崩していきたい。

タグ:野球 DeNA 巨人
posted by K at 02:49 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: