2014年09月09日

スポーツの話題まとめ 9/9

・【テニス】錦織圭、全米オープン準優勝

世界ランク1位のジョコビッチに勝利し、日本人初となる4大大会の決勝進出を決めたものの、決勝ではチリッチにストレート負けとなり、準優勝。決勝進出を決めてからWOWOWの無料体験に登録して、早起きして見たけど残念だった。錦織も決して悪いとは思わなかったけど、チリッチがあまりに素晴らしいテニスをした。これまでの自身の最高のテニスを100とした場合、錦織が70〜80くらいだったのに対して、チリッチは110とか120くらいのテニスをしてしまった。サーブが強いのはわかっていたが、今日はストロークも抜群だった。錦織もブレイクのチャンスは何度かあったが、そこで崩れずにサービスエースを決められてしまった。

ものすごいチャンスだっただけに非常に悔しい一戦だったが、錦織のテニスがこれで終わるわけではない。さすがにグランドスラムで決勝まで行くのは非常に難しいが、錦織ならまた必ず行ける。そのときに今度こそタイトルを取ってほしい。またチリッチとの再戦も遠くないうちにあると思うし、そっちでもリベンジを果たしてほしい。

自分はテニスはそこまで詳しくないので、「錦織すげー!」くらいの感想にしかならないのだが、テニスファンからすると今回はすごい荒れた大会だったんだろうなと思う。決勝に4強が誰もいないどころか、第10シードと第14シードの対戦なんて誰も予想していなかっただろう。3−0であっさり決まったとはいえ、歴史に残る大会になったのでは。

優勝したチリッチと錦織はほぼ同年代。そのほか、今大会で錦織が破ったラオニッチや、ディミトロフ、デルポトロといったあたりもあまり歳が変わらない。今後はこのあたりが4強を脅かす存在になっていくのだろう。そのトップに錦織が立ってくれることを信じている。

今回は日本でもかなり報道されたし、これでテニス人口も増えるだろう。その中から錦織に続くような選手が出てくれば、日本テニス界も黄金時代に入るかもしれない。まずは4大大会を地上波で中継するところからだな。今回みたいに録画でもいいから、日本人の試合を地上波で見たい。NHKでも民放でもいいからぜひ。


・【サッカー】日本代表、ベネズエラと2−2のドロー

後半しか見れなかったが、攻撃はなかなか良かった。とくにゴールはどちらも素晴らしいゴールだった。ゴールした武藤と柴崎がともに22歳と若いのも、これからのアギーレジャパンにとって好材料だ。その一方で守備は課題。1点目のPKを与えたのはもったいなかったし、2点目も川島なら防げたと思う。勝てた試合だったのでもったいない。でもウルグアイ戦よりは良かったと思うし(相手の実力も違うが)、ここからアギーレジャパンがどう成長していくのか期待したい。


・【野球】大谷翔平、10勝&10HR達成

日本プロ野球史上初となる、2ケタ勝利&2ケタホームランを達成した。10勝も10HRも、どっちも単独でも達成するのはなかなか難しいのに、それを両方やってしまうんだからとんでもない。しかも今年は投手を優先しているので、打者としての出場はかなり限られているにも関わらずこの成績。そしてなにより、まだ高卒2年目というのが末恐ろしい。これからいったいどんな選手になっていくのか。ものすごいワクワクする。

posted by K at 23:39 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: