2014年09月11日

9月11日 巨人6−2阪神

巨人は初回、能見の3四死球で満塁のチャンスをもらうと、亀井が先制の2点タイムリー。さらに続く村田も2点タイムリーを打ち、初回にいきなり4点を先制する。その後は能見・澤村両先発がランナーを出すものの得点を与えない。試合が動いたのは能見が降板した6回。小林の振り逃げと長野のヒットでランナーをため、橋本のタイムリー2ベースによって巨人が2点を追加する。巨人の先発澤村は7回、上本のタイムリーで2点を失うが、その後のピンチを抑え、この回で降板。その後は青木、西村のリレーで締め、巨人が甲子園では15年ぶりとなる3タテを達成、マジック16が点灯した。

先発の澤村は7回2失点。7回に失点して連続イニング無失点は22でストップしたが、これで自身3連勝となった。9安打を打たれたが2失点にとどめる粘りのピッチングだった。7回もノーアウト満塁で2点にとどめたので、上出来だろう。小林との相性がよっぽどいいのだろうか。あと1つ勝てば昨年の勝利数に並ぶので、とにかくあと1勝はしてほしい。

打線は初回に能見から4得点。半分くらい能見の自滅とはいえ、もらったチャンスをしっかりものにできたのは良かった。また最近は1イニングで何点か奪って、そのほかのイニングでは点が取れないという試合が多いが、今日はしっかり6回にダメ押しに近い点を奪えたのが良かったと思う。きっかけが振り逃げというのも相手にダメージを与えられただろうし。

この3連戦を3連勝したことで阪神との差は7.5ゲームに。残り試合を考えると、阪神に逆転される可能性はかなり低くなった。また9連戦の最初の3連戦ということであまりリリーフは使いたくなかったが、先発がいずれも7回を投げてくれたことで、西村が2イニングを投げた以外は江柄子、山口、マシソン、青木が1イニングずつ投げただけで済んだ。勝ち方も素晴らしかったと思う。

広島が敗れたため、ふたたびマジックが点灯。今度は消滅させずに減らしていけるだろうか。

明日からは東京ドームでDeNAとの3連戦。DeNAとの試合はまだ8試合も残っており、また巨人はここまでDeNAに負け越している。苦手のDeNA戦をどう乗り切るかが優勝へのカギだ。今回は東京ドームなので、最低でも勝ち越したいところ。

明日の先発は巨人が内海、DeNAが三浦。内海は前回のヤクルト戦では6回途中4失点で負け投手となったが、その前のDeNA戦では完封勝利を果たしている。DeNA打線にはいいイメージを持って臨めるはずだ。三浦も前回登板では負け投手となっているが、その前までは好調で、前回の巨人戦では1失点完投勝利を果たしている。両ベテランの投げ合いとなるだろうか。

タグ:巨人 野球 阪神
posted by K at 23:29 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: