2014年09月14日

9月13日 巨人2−0DeNA

試合は巨人・小山、DeNA・モスコーソの両先発による投げ合い。小山は毎回のようにランナーを出すが、ここ1番ではしっかり抑える。対するモスコーソはピンチらしいピンチすら作らず、7回までわずか2安打に抑える好投を見せる。小山は7回無失点で降板し、西村にバトンタッチ。西村が抑えたその裏、2アウトながら1,2塁のチャンスを作ると、長野が値千金の2点タイムリーツーベース。このリードをマシソンが守りきり、5連勝となった。

先発の小山は7回無失点。今週の先発陣のいい流れに小山も乗った。小山は今年ずっと安定している印象があったが、意外にも7回を投げ切ったのは完投した6月8日以来。なぜだろうかと思ったら、小山は球数が多い。だいたい6回の途中くらいで100球に達してしまうので、スタミナが切れて交代となってしまうんだろう。今日も7回で122球と、相手のモスコーソが8回で102球なのを考えればやはり多い。今後は少ない球数で相手を打ちとれるようになれればもっと長いイニングを投げられるようになると思う。それでも今日はナイスピッチングだった。勝ちがつかなかったのが残念。

打線は2度目の対戦となったモスコーソに苦戦。前回もかなり苦しんだが、今回も7回まではわずか2安打に抑えられた。結局試合を通しても4安打しか打てておらず、本当に唯一のチャンスをモノにした。モスコーソは来年もいる可能性が高いだろうし、しっかり対策を立てる必要があるだろう。それにしても、長野の最近の勝負強さはハンパない。最近は1番で固定されているのに村田と並んでチーム打点王だし。今の打率が.295なので、なんとか3割にのせてほしい。

これで5連勝。そしてこの5日間、すべて先発が7イニング以上を投げている。打線はそんなにいいとは言えないが、今の巨人はとても強いと思う。この調子で一気に優勝まで突き進みたい。

明日の先発は巨人が江柄子、DeNAが井納。二軍からセドンでも上げるかと思っていたが、江柄子で来たか。ここまでの先発陣の頑張りでリリーフ陣には余裕があると思うので、江柄子にはとにかく最初から飛ばしていってもらいたい。井納はここまでリーグ2位タイの11勝を挙げているが、防御率は4.08とそれほど良くない。しかし前回の対戦では7回3失点と抑えられ、敗れている。今日のようにチャンスを確実にモノにしたい。

タグ:DeNA 野球 巨人
posted by K at 00:02 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: