2014年09月18日

AKB48じゃんけん大会2014、結果

38thシングルについては別の記事でやるとして、とりあえず今回はじゃんけん大会の結果。
結果は以下の通り。

優勝:渡辺美優紀(NMB48 TEAM B2/SKE48 TEAM S)
準優勝:小嶋陽菜(AKB48 TEAM A)
4強:川本紗矢(AKB48 TEAM B)
4強:岩立沙穂(AKB48 TEAM 4)
8強:大和田南那(AKB48 TEAM B)
8強:宮崎美穂(AKB48 TEAM K)
8強:永尾まりや(AKB48 TEAM K)
8強:小谷里歩(NMB48 TEAM N/AKB48 TEAM 4)
16強:柏木由紀(AKB48 TEAM B/NMB48 TEAM N)
16強:東由樹(NMB48 TEAM M)
16強:荒井優希(SKE48 TEAM K2)
16強:朝長美桜(HKT48 TEAM K4/AKB48 TEAM B)
16強:岡田奈々(AKB48 TEAM 4)
16強:佐藤妃星(AKB48 TEAM 4)
16強:中西智代梨(AKB48 TEAM A)
16強:内田眞由美(AKB48 TEAM K)

ということでみるきーがソロデビュー決定。こじはるがカップリングのセンターに。以下は各データ。

グループ別選抜メンバー数(カッコ内は兼任メンバーを入れた数)
ちなみにこれ以降の「選抜」にはみるきーも含まれています。

AKB48  11(13)
SKE48  1(2)
NMB48  3(4)
HKT48  1
SNH48  0
乃木坂46 0

AKBが一番多いのは当然として、次に多かったのがNMB。優勝したみるきーを始め3人(+ゆきりん)が選抜に入った。SKE、HKTは1人ずつにとどまった。ただし、HKTからAKBに移籍したちょりが選抜に入っている。

チーム別選抜メンバー数(SNH、乃木坂は省略)
(カッコ内は兼任メンバーを含めた数)

A 2
K 3
B 3(4)
4 3(4)
8 0
研 0

S 0(1)
K2 1
E 0

N 1(2)
M 1
B2 1

H 0
K4 1

AKBは4チームからバランス良く入っている。チーム8は3人、研究生は1人しか枠がなかったので厳しかったか。SKEはそもそも予備戦を勝ち抜いたのが全員K2メンバーなので当然と言えば当然か。NMBはバランス良く各チームから1人ずつ。HKTは予備戦メンバーではなく、兼任のみおが入った。

期別選抜メンバー数

AKB
1 1
2 0
3 1
4 0
5 2
6 0
7 0

9 1
10 0 
11 0
12 0
13 1
14 1
15 2

SKE
1 0
2 0
3 0
4 0
5 0
6 0

NMB
1 2
2 1
3 0
4 0

HKT
1 1
2 1
3 0

ドラフト 2

AKBでは以前よりじゃんけんの強い5期と、昨年も2人が選抜入りした15期が2人選抜入り。SKEは唯一選抜に入ったのがドラフト生なので、期別では0人に。NMB、HKTは先輩が強かった。そして今回すごかったのがドラフト生で、選抜入りした2人以外に3人があと1勝のところまで行き、計13勝を挙げた。

出生年度別選抜メンバー数

88年度 1
91年度 1
93年度 4
94年度 2
95年度 2
97年度 1
98年度 3
99年度 1
00年度 1

最年長のこじはると最年少のきぃちゃんで一回り違うという幅広い年齢層に。80年代生まれと00年代生まれが同じグループにいるなんてAKBじゃないとあり得ないと思う。

選抜に入ったメンバーは別記事でもう少し詳しく扱う予定。ひとまず、優勝したみるきー、選抜入りしたメンバーのみんな、おめでとう!
posted by K at 01:12 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: