2014年10月06日

10月6日 巨人4−1広島

2回、會澤の犠牲フライで広島が先制。しかしその後は、今季3度目の先発となった宮國が粘り、追加点を与えない。すると6回、2アウト3塁の場面で広島先発・前田がボーク。思わぬ形で同点に追いつく。そして両投手が譲らぬまま迎えた8回、2アウト1,2塁からアンダーソンがタイムリー2ベースを放ち巨人が勝ち越し。9回にはロペスのタイムリーで差を広げる。最後は西村が締め、シーズン最終戦を勝利で飾った。

先発の宮國は7回1失点。驚いた。宮國には申し訳ないが、あまり期待していなかったし、5回3失点くらいで投げてくれればいいなと思っていたので、期待をはるかに上回るナイスピッチングだった。これなら本当に来季に期待が持てる。それどころか、ポストシーズンの先発の5番手争いに入ったかもしれない。今村、阿南あたりと3人で1試合を担当するというのもありだと思う。とにかく、今後にいろいろ期待が持てる素晴らしいピッチングだった。白星もついて良かった。

打線は8回にようやくマエケンを攻略。その前の6回にマエケンのボークというラッキーな形で同点にできたのが良かった。そして決めてくれたのはアンダーソン。やはり頼りになる。ポストシーズンでもこの打順、要するに阿部の後でいいと思う。長野が帰ってきたら長野1番、片岡2番で、ロペスがファーストで下位に置く感じだろうか。

最終戦に勝利し、気持ちよくCSへ向かうことができる。なお今日の試合には広島の2位がかかっていたが、巨人が勝ったことにより阪神が2位、広島が3位に。ということで、CS1stステージは甲子園での開催となった。阪神有利なように感じるが、阪神は非常にCSに弱く、まだファイナルステージに上がってきたことがない。どちらが上がってきてもいいような対策をしてほしい。

CSファイナルステージは15日から。まずケガだけはしないでもらって、体調万全で臨んでほしいと思う。

posted by K at 22:30 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: