2014年10月10日

侍ジャパンメンバー発表

11月に行われる日米野球に向けて、日本代表、通称侍ジャパンのメンバー28人が発表されたので見ていきたい。

【投手】13人
岸(西武)
松葉(オリックス)
則本(楽天)
井納(DeNA)
大谷(日本ハム)
藤浪(阪神)
前田(広島)
金子(オリックス)
西(オリックス)
西野(ロッテ)
小川(ヤクルト)
牧田(西武)
高橋(西武)

【捕手】3人
小林(巨人)
伊藤(オリックス)
嶋(楽天)

【内野手】7人
今宮(ソフトバンク)
松田(ソフトバンク)
菊池(広島)
坂本(巨人)
中田(日本ハム)
山田(ヤクルト)
銀次(楽天)

【外野手】5人
内川(ソフトバンク)
糸井(オリックス)
丸(広島)
柳田(ソフトバンク)
中村(ソフトバンク)

最年少は大谷と藤浪の20歳、最年長の糸井でも33歳と、フレッシュなメンバーがそろった。とりあえずパッと見て、パリーグが多いなという印象。数えてみたらセが9人、パが19人だった。パリーグの方が若い選手が活躍しているということか。球団別でみるとソフトバンクとオリックスが5人ずつで最多。西武・広島・楽天が3人、巨人・ヤクルト・日本ハムが2人、阪神・DeNA・ロッテが1人、そして中日が0人。たしかに中日はベテランが多いチームだが、まさか0とは。大島・大野・又吉・福谷あたりは選ばれてもおかしくない成績だが、代わりに誰を外すか、っていうのもまた難しいし、バランスを考えてこうなったのだろうか。それでも1人ぐらい選ばれそうなものだが。

巨人からは小林と坂本が選出。坂本は妥当。鳥谷の方が成績は上だが、選ばれていないということはおそらく年齢を考慮したのだろう。小林はちょっと驚いた。伊藤と嶋がレギュラーを争って、小林は若手枠だと思うが、今年は特にセリーグに若手捕手が多く出てきた中で小林が選ばれたのが嬉しい。試合に出るかは分からないが、このチャンスをしっかり活かしてほしい。また巨人唯一のタイトル獲得者である菅野がいないが、おそらくケガが理由だろう。

アメリカ代表は豪華メンバー。プホルス、カノといった長年活躍する超一流の選手、さらにアルトゥーベ、モーノーの両リーグ首位打者も出場予定。またカブスに所属する和田も来るとのことで非常に楽しみだ。

また日米野球開幕の前日に、MLB選抜と阪神・巨人連合チームの試合が行われる。まさかこの2チームが連合になるとは思わなかったが、メンバーほとんど残っているし(いいのか悪いのかわからないが)、どんなオーダーになるか楽しみだ。

posted by K at 21:45 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: