2014年10月11日

クライマックスシリーズ1stステージ 初戦結果

今日からクライマックスシリーズがスタート。まずは先に2勝した方が勝ち抜けとなる1stステージ。

【セ・リーグ】(甲子園)
阪神1−0広島

先発は阪神がメッセンジャー、広島が前田。両投手の投げ合いで、5回までは0−0。6回に福留のホームランで阪神が先制すると、その1点のリードをメッセンジャー、オスンファンが守りきり、先勝。ファイナルステージ進出に王手をかけた。

初戦からすごい戦い。さすがリーグを代表する2人という投げ合いだった。そんな中で今日唯一の得点をあげたのが福留。今季後半の福留は本当に怖い。ただ巨人戦ではそれほど打っていないので、阪神が上がってきてもそこは少し安心か。

先に2勝した方が勝ち上がる1stステージにおいては初戦はこの上なく重要だが、今年のセリーグに関しては特にでかい。なぜなら台風が迫っているからだ。明日は夕方から雨、あさって、しあさっては暴風雨の予報となっている。パリーグはドームでやっているので開催する可能性は高い(それでも台風だと中止になることもあるが)。しかしセリーグは甲子園でやっているので、大雨だと中止になってしまう。また、15日からファイナルステージが始まるので、試合ができるのは14日までに限られており、そこまで中止が続くとその時点で打ち切られるルールになっている。阪神は2位のため、1勝1敗でもファイナルステージに進出する。そのため今日の初戦を阪神が取ったことで、阪神が進出する可能性は非常に高くなった。つまり、広島がここからファイナルステージに進出するためには、

1.残り2試合がちゃんとおこなわれる
2.残り2試合に連勝する

の2つの条件を満たさなければならない。自分たちが勝つだけでなく、台風が早く過ぎ去ってくれることも条件となるのだ。まずは明日勝って希望をつなげるか。対する阪神も、台風のおかげで進出できたと言われるよりも、連勝で気持ち良く進みたいところだろう。はたしてどちらが勝つのか。


【パ・リーグ】(京セラドーム)
オリックス3−6日本ハム

先発はオリックスが金子、日本ハムが大谷。2回、大谷が平野に押し出し四球、坂口に押し出し死球を与え、オリックスが2点を先制する。日本ハムは5回、大野のタイムリーで1点を返すと、6回には近藤のタイムリーで同点、さらにミランダのタイムリーで勝ち越しに成功する。しかしオリックスもその裏、川端のタイムリーで同点とする。両先発はこの回で降板。7回、中島がセーフティスクイズを決め日本ハムが再度勝ち越し。さらに8回には近藤の犠牲フライ、さらに西川が押し出し四球を奪い、2点を追加。このリードをリリーフ陣が守り、3位の日本ハムが先勝した。

オリックスはホームなので有利だったが、金子で落としたのは非常に痛い。もちろん金子自体がピリッとしなかったのも痛いが、リリーフ陣が打たれたというのは明日以降も不安が残る。明日接戦だった場合、使うのはなかなか勇気がいるだろう。それでも信じて使うのか、それとも他のピッチャーを使うのか、森脇監督の采配に注目。一方の日本ハムは大谷が2者連続押し出しなど不安な立ち上がりだったが、そこから6回まで良く粘ったと言うべきか。またリリーフ陣が無失点に抑えたのも今後に向けていい材料だろう。今日の試合を見ると日本ハムがかなり有利な気もするが、オリックスは残りの先発陣も強力なので巻き返しは可能。まだまだ分からない。

posted by K at 22:46 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: