2014年11月12日

日米野球第1戦

【第1戦】京セラドーム
侍ジャパン2−0MLBオールスター

投手リレー
日本 前田、牧田、大谷、西野
MLB シューメーカー、ハンター、サンティアゴ、メランコン

先制は侍ジャパン。2回、内川、坂本の連打でノーアウト2,3塁とすると、続く松田が犠牲フライを放ち、1点を取る。4回には坂本のヒットから2アウト2塁とし、山田がタイムリー。2点差とする。侍ジャパンの先発マエケンは初回の2アウト1,3塁のピンチを切り抜けると5回まで無失点に抑える好投。2番手牧田が2イニングを無失点でつなぎ、3番手大谷は最速159キロを出すなど3者凡退。抑えの西野はランナーを出すが、最後はファーストライナーからのダブルプレーで試合終了。侍ジャパンが完封リレーで初戦を制した。

MLBは昨日あれだけ打っていたし、対照的に侍ジャパンはあまり打てていなかったので心配していたのだが、今日は投手陣が素晴らしかった。なんといってもマエケンだろう。メジャー志向のマエケンにとって、絶好の機会である今日の試合でのこの結果は、さらに行きたい気持ちを強くしたんじゃないだろうか。それから大谷。今日最速だった159キロがボールだったのが残念だが、今日もさすがの球速だった。打者としても見てみたいが今回はないか。

打線は9安打と壮行試合から良くなった。坂本、山田が複数安打で山田はこの試合唯一のタイムリーも放った。山田は野手陣では最年少なんだけど、プレッシャーとか感じないタイプなんだろうか。今回の日米野球だけでなく今後の山田にも期待したい。心配な点は3番糸井と4番中田がノーヒットだったところか。次のWBCでも中軸を任される可能性がある2人なので、この日米野球でも結果を出してほしいところだ。

明日は試合がなく、あさってからは東京ドームでの3連戦。先発予定は侍ジャパンが金子、MLBが岩隈とのことなので、非常に楽しみだ。

posted by K at 23:10 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: