2014年11月14日

日米野球第2戦

【第2戦】東京ドーム
MLB4−8侍ジャパン

投手リレー
MLB 岩隈、ウッテン、和田、ベラス、ブレビンス
日本 金子、松葉、井納、高橋

金子と岩隈の両先発で始まった試合は2回に侍ジャパンが先制。2アウト1,3塁から伊藤のタイムリー、さらに続く柳田のタイムリー3ベースで3点を挙げる。しかし初戦は打線が沈黙したMLBも反撃。その裏、モーノーの2ランで1点差に迫ると、3回には内野ゴロの間に1点を取り同点とする。4回、侍ジャパンは柳田、菊池の連続タイムリーで2点を勝ち越し、岩隈はこの回で降板となる。侍ジャパンは6回にも菊池のタイムリーで1点を追加。そして8回、6回の途中からマウンドに上がった和田から、松田がチーム第1号のホームラン。さらに柳田が今日3本目となるタイムリー、それも2本目の3ベースで2点を挙げ、この時点で8−3と大量リード。このままでは終われないMLBはその裏、カノーのタイムリーで1点を返すが反撃はここまで。侍ジャパンが連勝となった。

壮行試合、そしておとといの第1戦と、ここまでおとなしかった打線が今日は活躍。MLBから14安打8得点を奪った。とはいえそのうち7点は日本人投手から奪ったので、あまりMLB感はしないのだが。今日はとにかく柳田がすごかった。3安打4打点、2本が3ベース。決して広くない東京ドームで3ベース2本は大したものだと思う。そのほか、4番の中田にもヒットが出るなど全体的に良くなってきている。その中で心配なのは糸井。今日もノーヒットで8打数無安打となった。好調な松田あたりと打順を変えてみてもいいと思う。

投手陣では、先発の金子は5回3失点。マエケンが5回無失点に抑えたのでそれと比べるとどうしても見劣りしてしまう。今季のポスティングでのメジャー移籍を目指す金子にとっては、十分なアピールとはいかなかったのではないか。ただリードした状態で降板したし、チームの勝利には貢献したと思う。リリーフ陣は良い感じ。井納は失点はしたが味方のまずい守備がきっかけのものだししょうがない。

MLBの一員で登板した岩隈、和田はともに不本意な内容に。岩隈は4回5失点。2回と4回に集中打を浴びた。今季メジャーで抜群の安定感があった岩隈がこうも打たれるとは意外だった。一方、3番手で登板した和田は1回と3分の2を投げ2失点。被安打は2だが、どちらも元同僚のソフトバンクの選手に打たれた。和田はリリーフで登板したということはまた登板があるかもしれないので、リベンジに期待したい。

侍ジャパンがここまで2連勝。あと1勝で勝ち越しとなる。このまま一気に決められるか。予告先発は、侍ジャパンが楽天の則本、MLBがロイヤルズのガスリー。

posted by K at 23:13 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: