2014年11月15日

日米野球第3戦

【第3戦】東京ドーム
侍ジャパン4−0MLB

投手リレー
日本 則本、西、牧田、西野
MLB ガスリー、チョート、ベリビュー、モラレス

先制は侍ジャパン。2回、中田が2ベースヒットで出塁すると、1アウトから坂本が2ランホームラン。2点を先制する。さらに3回には、4番中田に待望の一発。2ランホームランで差を4点に広げる。侍ジャパンの先発・則本は5回をパーフェクトに抑える快投を見せる。2番手の西はいきなり四球を出すものの、2回をノーヒット。3番手牧田は2四球を出す苦しいピッチングだったが、これもノーヒットに抑える。そして9回は西野が登板。1アウトからサンタナが痛烈な打球を放ったが、これをセカンド菊池が華麗にさばいて2アウト。最後はモーノーをファーストゴロに抑え、日本代表が史上初めて、MLBをノーヒットノーランに抑えた。またこれで3連勝となり、24年ぶりの日米野球勝ち越しを決めた。

日本野球界にとって歴史的な1日になった。4投手の頑張りがこの奇跡を起こしたが、勢いをつけたのはなんといっても則本。メジャー相手には初めて投げたはずだが、5回をパーフェクト。人生最高のピッチングだったと自分でも言うくらいの完璧なピッチングだった。則本は今季、両リーグ最多の7完封をしているし、好調な時はすでにNPBで1番といってもいいくらいのピッチャー。それが人生最高のピッチングをしたらメジャーでもこうなるということか。そして2番手以降の3人はノーヒットノーランというプレッシャーがありながらのピッチングだったが、よく抑えた。1人でノーヒットノーランをやるのとはまた違ったプレッシャーなんじゃないかと思うが、吐きそうになりながらも(牧田&西野)見事なピッチングだった。あとはリードした嶋も素晴らしかった。

打線は6安打とそれほど打ったわけではないが、序盤に点を取って投手陣を楽にした。巨人ファンとしては坂本が打ってくれたのは嬉しい。今回巨人からは2選手だけの選出で、もう1人の小林がまだ出場していないので、今のところ唯一出ている選手が活躍してくれてよかった。東京ドームだし。そして4番の中田が打ったのも侍ジャパンにとってでかい。現状、次のWBCでも4番の最有力候補なので、このような国際試合で活躍してくれると今後にも期待が持てる。4番を争うようなライバルが出てくるともっと面白くなりそうだ。あとは打撃ではないが菊池の守備。9回、あわや抜けるかと思われたサンタナの打球を華麗にさばいた。あの打球がセカンドに飛んでほんとに良かった。菊池はここまでのMVPと言ってもいい活躍だと思う。

一方のMLB。3連敗したというだけでもとんでもないことだが、まさかのノーヒットノーラン。今回のMLB代表は決して微妙なメンバーが集まったわけではない。MLB最高のセカンドであろうカノー、両リーグの首位打者であるアルトゥーベ、モーノーなどが来ている。それなのに初戦では投げ負け、2戦目は打ち負け、そして3戦目はヒットを打つことすらできなかった。これはさすがに屈辱だろう。侍ジャパンは勝ち越すという目標を達成したので、親善試合を含めた残り3戦は、MLBの意地を見たい。

明日は東京ドームでの最終戦。先発は侍ジャパンが阪神の藤浪、MLBはヤンキースのカプアーノ。
posted by K at 22:41 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: