2014年11月19日

最近の巨人関連ニュース 11/20

・中日から戦力外になった吉川大幾、堂上剛裕を獲得

吉川は支配下として、堂上は育成として獲得。吉川は高卒4年目(今年)の内野手で、中日では背番号「3」をつけるなど期待されていたが、今季は一軍では14打数ノーヒットに終わっていた。ただし二軍では過去最高の打率を記録しているので、これからのびる可能性は十分にあるだろう。二軍でもホームランを打ったことが無いのでどちらかというとアベレージタイプなんだろうか。まあまだ若いので、同世代かちょっと下くらいのライバルと競い合って、一軍に顔を出すくらいになってくれたらと思う。一方の堂上は、巨人がクジを外した堂上直倫のお兄さん。ちなみにそのとき外れ1位で獲ったのが坂本なので外してよかった。弟は内野手だが兄は外野手。2012年には巨人とのクライマックスシリーズで決勝タイムリーを打つなど活躍したが、今年は一軍でわずか6試合の出場にとどまった。堂上は活躍していたころ、巨人戦でもかなり打っていたので、巨人サイドもその印象があって獲ったんじゃないかと思う。育成契約なので今のままでは一軍には上がれないが、復活できればすぐに支配下に上がれる力はあると思うし、巨人の外野も実はあまり層は厚くない。特に来年の序盤は長野がいるか怪しく、アンダーソンも微妙。由伸はコーチ兼任だし、堂上も2012年くらいの活躍ができれば一軍で見られるかもしれない。戦力外になった選手なので期待しすぎるのはよくないかもしれないが、2人ともぜひがんばってほしい。


・ここまでの契約更改まとめ

名前のあとに☆がついているのは育成選手。

アップ
阿南、田口、須永、平良、成瀬☆、田原啓☆、鬼屋敷、芳川☆、和田恋、辻、奥村、北之園☆

増減なし
松本竜、野間口☆、田中太☆、長江☆、高橋洸☆、青山☆

ダウン
公文、河野、大累、立岡、坂口

ここまではおもに育成選手と若手選手の更改。ちなみに育成選手は全員終了した。下がった選手はみんな一軍での活躍を期待されていた選手たちなので、一軍に出られなかったのでしょうがないか。上がった選手たちは阿南と須永を除いてみんな非常に若いので、ある程度試合に出れば上がると言う感じか。元が安いのもあるが。

これから一軍の試合に出た選手たちの契約更改も始まると思うが、大きく上がりそうなのは菅野、小山、小林、亀井、橋本、大田くらいかな。逆に大きく下がりそうなのは阿部。あとはまあ、それほど大幅な変動にはならないと思う。

posted by K at 23:43 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: