2014年12月28日

紅白歌合戦の曲目・曲順が発表

曲目発表が例年よりかなり遅れていると思ったが、25日に曲順と同時発表となった。

AKBグループでは、まずHKT48が全体のトップバッターで登場。曲目は「メロンジュース」。トップバッターはAKBグループでは初めてとなる。「メロンジュース」は昨年の曲だが、トップバッターとしては最適の曲だと思う。「スキ!スキ!スキップ!」でもいいかと思ったけど、客席と一緒に盛り上がれる曲だし、テレビで披露している回数も多いしということで選ばれたのかな。ちなみに対戦相手はSexy Zone。

SKE48とNMB48は合わせて1組扱いで7番目(紅組4番目)で登場。SKEは「不器用太陽」、NMBは「イビサガール」を披露する。紅組が多かった時からこの2組は一緒にされるだろうと思っていたので(むしろHKTも一緒だと思っていた)、これは想定内。曲はバラードとアップテンポで対照的だし、どちらの持ち味もうまく出せるステージになりそう。対戦相手は郷ひろみ。

AKB48は全体の44番目。紅組だと最後から3番目として登場。曲目は「心のプラカード」。昨年に続いて後半での登場となった。おそらく23時前後になると思われるので、18歳未満のメンバーは出演できないことになる。これが残念。そもそも「心のプラカード」の選抜でも珠理奈とさくらが出られない。まあこれは、前半がAKBグループだらけになっちゃうのを避ける目的もあるんだろうし、2人は自分のグループで出られるから良いんだけど。曲は、まずメドレーじゃなかったのが意外。「ラブラドール・レトリバー」や「希望的リフレイン」、あるいは「恋するフォーチュンクッキー」あたりとメドレーになるものだと思っていた。ただ、1曲選ぶなら「心のプラカード」は一番順当というか、紅白っぽい選曲だと思う。プラカードを使った演出もやりやすそうだし。対戦相手は昨年と同じく福山雅治。ちなみにAKBのあとは福山雅治、中島みゆき、美輪明宏、嵐、松田聖子とそうそうたるメンツ。AKBの前も長渕剛、石川さゆり、薬師丸ひろ子、EXILE、椎名林檎、SMAPであり、すごいところに挟まれている。

昨年は優子の卒業発表というとんでもないサプライズがあったが、できれば今年はそういうことがなく終わってほしいと思う。紅白くらい安心して見たい。

posted by K at 16:22 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: