2014年12月28日

続・巨人選手の契約更改まとめ

前回の記事以降に契約更改した選手たちの結果まとめ。ちなみに前回、すでに契約更改していた今村を入れ忘れたので今村も入れてある。


アップ
小山、田原誠、今村、小林、坂本、長野、鈴木

増減なし
杉内、内海、高橋由

ダウン
實松、加藤、松本哲、矢野


小山はほぼ倍増となる大幅アップ。交流戦以後、投手陣の柱の一つとなって活躍した。来季は一年間ローテーションを守って2ケタ勝利を目指してほしい。小林は1000万アップ。1位で社会人とはいえ捕手という難しいポジションなので、今季は一軍に上がるのも難しいんじゃないかと思っていたが、結果的に一年間一軍を守り抜き、スタメンマスクも多く経験した。阿部が一塁に回る来季は正捕手候補の筆頭。移籍してきた相川とハイレベルな争いを見せてほしい。坂本・長野は現状維持くらいかと思っていたがともにアップし、2人とも2億円に到達した。坂本はFA権の取得が迫っていることもあって上がり幅も若干大きかった。坂本はキャプテンとしてチームを引っ張っていってほしい。長野はまずケガを治して、万全にしてから戻ってきてもらいたい。鈴木は1000万アップ。代走で5000万という年俸になったが、その価値はある。今年は例年以上に鈴木の足で勝った試合が多かった。もう大ベテランだが、来季も期待している。

杉内と内海はともに複数年契約のため現状維持。内海は今季2ケタ勝利に届かなかったが、規定投球回はなんとか達成した。来季は復活を見せてほしい。由伸は代打中心になって成績自体は下がったが、代打としては素晴らしい成績を残した。来季からはコーチ兼任となるが、コーチ業だけでなく、自身の活躍も見せてほしい。

實松、加藤はともに小林が入ってきた影響を大きく受けてしまった。来季は阿部が抜けるが代わりに相川が入ってくる。3番手捕手の争いになると思うが実力はあるので2人とも頑張ってほしい。松本は好調だったがケガで離脱。ただ守備は相変わらず素晴らしかった。矢野は昨季の好調から一転して不調となってしまった。外野はライバルが多いがもう一度上がってきてほしい。


これで日本人は全員更改が終了した。飛び抜けて活躍した人などがいなかったので、全体的にもとんでもない額のアップなどはなかった。来季は倍増する選手がいっぱい出てくるようなシーズンにしてほしい。

posted by K at 22:35 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: