2015年02月17日

巨人日本一奪回へのキーパーソンその8 山口鉄也

巨人日本一へのキーパーソン、8人目は山口。

長年巨人の中継ぎ陣のエースとして活躍してきた山口だが、昨年は非常に苦しい一年になった。それまで3年連続で2点を切っていた防御率が3.04まで悪化。また、1イニングに走者を何人出すかを表すWHIPは1.44と、支配下になった2007年以来の水準まで落ちた。信頼は揺るがないとはいえ、これまで持っていた絶対的な安心感はなくなり、そして復調の兆しが見えずに終わってしまった昨年。そこからの復活を期す山口に今季求めたい成績は以下の2つ。

1.60試合登板
2.防御率2点台前半

1に関しては、単に記録を持っているのでそれを更新してほしいという願い。また、山口は勝ちパターンの投手なので、これだけ山口が出ればチームも好調だろうというのもある。ただ60試合登板のために山口が出なくてもいい試合まで出るというのはやめてほしい。このへんは首脳陣もちゃんと分かっていると思うが、山口は投げなさ過ぎても調子を崩すという選手なので、うまくやりくりしてほしい。

2はおととしまでの山口には非常に低いハードルだが、昨年の山口を見ているとそうも言えない。ただ昨年は山口にしてはあまりにも悪すぎたので、今年は改善してくるだろうと思っている。おととしまでのように1点台前半とは言わないので、これだけ活躍してくれれば巨人は優勝にぐっと近づくはずだ。

チームにとって何よりも怖いのが山口の長期離脱。他の先発投手や野手は代わりが思いつく(多少レベルが落ちるとしても)が、山口だけは代わりがいない。いなくなった分がまるまるダメージになってしまう。なので仮に上の目標が達成できないとしても、ケガだけはしないでほしい。

もちろん、山口の負担を減らす左投手の育成も必要だ。青木はワンポイントが主だと思うのでちょっと役割が異なるとして、高木京介や公文、ルーキーの戸根あたりに頑張ってほしい。

キーパーソン、次回は澤村と入れ替わりで先発に転向するあの投手。
posted by K at 00:08 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: