2015年02月28日

最近のAKBグループ選抜メンバー一覧

これから2ヶ月ほどAKBグループのシングルのリリースが続く。今回は各シングル曲、それから「Green Flash」の各グループのカップリング曲の選抜メンバーをまとめて紹介。
メンバーはあいうえお順
名前のあとに☆がついている人はセンター、○がついている人は初選抜、△がついている人は返り咲き

「Green Flash」(AKB48 16人選抜)
生駒里奈、入山杏奈、柏木由紀☆、川栄李奈、木崎ゆりあ、小嶋陽菜☆、小嶋真子、指原莉乃、島崎遥香、高橋みなみ、松井珠理奈、松井玲奈、宮脇咲良、山本彩、横山由依、渡辺麻友

これはこの前のリクアワの記事で書いたとおり。全員が前作「希望的リフレイン」に続く選抜で、初選抜は無し。後述するSKEやNMBの選抜が20人以上いるのを考えると、実質全グループからの選抜であるAKBの選抜で16人はやっぱり少ない気がする。


「春の光 近づいた夏」(AKB48 16人選抜)
入山杏奈、大和田南那、柏木由紀、加藤玲奈、川栄李奈、川本紗矢、木崎ゆりあ、北原里英、小嶋陽菜、小嶋真子、島崎遥香、高橋みなみ、峯岸みなみ、向井地美音、横山由依、渡辺麻友☆

「Green Flash」のカップリングのAKB曲。兼任メンバーのいない、いわゆる「純AKB」メンバー。「Party is over」のときになーにゃをセンターに抜擢したので、今回もめぐちゃんとかチーム8の坂口渚沙ちゃんあたりを抜擢するのかと思っていたが今回は普通に(?)まゆゆがセンターだった。ほとんどが「希望的リフレイン」選抜の中で唯一選抜外だったメンバーで入ったのがきたりえ。これは嬉しい。逆に「リフレイン」選抜で今回漏れたのはトム、田野ちゃん、朱里、涼花、チーム8の中野郁海ちゃん。


「履物と傘の物語」(AKB48 8人選抜)
柏木由紀、小嶋陽菜、指原莉乃、島崎遥香、高橋みなみ、松井珠理奈、横山由依、渡辺麻友

「Green Flash」のカップリングで、現在『みんなのうた』で流れている。これは以前記事にした少人数選抜になっている。記事ではAKB限定で7人を選んだが、そこからゆりあとりっちゃんが外れ、たかみな、珠理奈、さしこが入った形になった。さや姉が入らなかったのは意外だが、今のAKBの中心はこの8人ということだろう。


「コケティッシュ渋滞中」(SKE48 21人選抜)
東李苑、磯原杏華○、江籠裕奈○、大場美奈、大矢真那、北川綾巴、木本花音、神門沙樹○、佐藤すみれ、柴田阿弥、須田亜香里、惣田紗莉渚、高柳明音、谷真理佳、二村春香、古畑奈和、松井珠理奈☆、松井玲奈☆、松村香織△、宮澤佐江、宮前杏実

3月31日発売のSKEのシングル。今回NMBと同発のためか、兼任メンバーのみるきーとななは入っていない。「12月のカンガルー」からは1人少なくなっている。まずセンターがW松井に戻った。ただこれも、NMBとの対決に勝ちに来たためという可能性もあるため、今後もこのままかは分からない。初選抜は3人。磯原杏華は2期生。総選挙で2年連続ランクインしていたもののSKEでは選抜に入っていなかったが、ここでついに初選抜。江籠裕奈は5期生。2000年3月生まれなので現在まだ14歳。SKEのみならずAKBのメンバーからも「天使」と呼ばれ愛されている。そして神門沙樹はドラフト生。SKEのドラフト生としては惣田紗莉渚に続く2人目の選抜入りとなった。また、かおたんが選抜復帰。「キスだって左利き」以来久々の選抜となる。


「世界が泣いてるなら」(SKE48 16人選抜)
東李苑、江籠裕奈、大場美奈、北川綾巴、木本花音、佐藤すみれ、柴田阿弥、須田亜香里、高柳明音、谷真理佳、古川愛李、古畑奈和、松井珠理奈、松井玲奈、宮澤佐江、宮前杏実

「Green Flash」のSKEカップリング曲。こっちでは16人選抜になっていて、「コケティッシュ」から磯原、大矢、神門、惣田、二村、松村が外れ、古川が入っている。「コケティッシュ」にあいりんが入ってないのは卒業発表したからだと思われる。カップリングには入れるけど、A面曲には入れないということだと思う。


「Don't look back!」(NMB48 23人選抜)
市川美織、梅田彩佳、太田夢莉○、柏木由紀、加藤夕夏、門脇佳奈子、日下このみ○、久代梨奈、小谷里歩、渋谷凪咲、上西恵、須藤凜々花○、白間美瑠、谷川愛梨、西村愛華、藤江れいな、村瀬紗英、矢倉楓子、薮下柊、山田菜々☆、山本彩、吉田朱里、渡辺美優紀

3月31日発売のNMBのシングル。SKEと同発のためか、兼任メンバーのちゅりは選ばれていないが、SKEじゃないからなのかゆきりんは入っている。センターは4月3日に卒業することを発表している山田菜々で、最初で最後の単独センターとなる(「オーマイガー!」でWセンターの経験はあり)。卒業後にポジションがどう変わるのかわからないが、さや姉とみるきーのWセンターになるのか、それともポスト山田菜々オーディションで選ばれた子が入ったりするのだろうか。初選抜は3人。太田夢莉は3期生。シングルでは初選抜だが、元々シングルで発売予定だったと思われる「イビサガール」で選抜に入っている。日下このみも3期生。独演会をおこなうなどMCが評価されているメンバーで、秋元康も「秘密兵器」と称している。須藤凜々花はドラフト生。ドラフト会議で唯一1巡目で競合したメンバーで、網膜はく離などを乗り越えての初の選抜入りとなった。


「パンキッシュ」(NMB48 16人選抜)
市川美織、梅田彩佳、加藤夕夏、小谷里歩、渋谷凪咲、上西恵、白間美瑠、谷川愛梨、藤江れいな、村瀬紗英、矢倉楓子、薮下柊、山田菜々、山本彩☆、吉田朱里、渡辺美優紀

「Green Flash」のNMBカップリング曲。16人選抜となっており、「Don't look back!」から太田、柏木、門脇、日下、久代、須藤、西村が外れた。


「12秒」(HKT48 16人選抜)
穴井千尋、植木南央△、多田愛佳、木本花音、神志那結衣、兒玉遥☆、指原莉乃、田島芽瑠、田中美久、朝長美桜、松岡菜摘、宮脇咲良☆、村重杏奈△、本村碧唯、森保まどか、矢吹奈子

先ほど発表された、4月22日発売のHKTのシングル。HKTは1stから16人選抜を維持している。はるっぴとさくらのWセンター。はるっぴは2作連続、さくらはHKTでは初のセンターとなるが、前作はこの2人とさしこが入れ替わる振付になっていて、実質トリプルセンターのようになっていたので前作とあまり変わらないような気はする。初選抜はなく、植木と村重の2人が選抜復帰となった。村重は2作ぶり、植木は1st以来4作振りの復帰となった。


「大人列車」(HKT48 16人選抜)
秋吉優花、穴井千尋、多田愛佳、兒玉遥、駒田京伽、坂口理子、指原莉乃、田島芽瑠、田中美久、冨吉明日香、朝長美桜、松岡菜摘、宮脇咲良、本村碧唯、森保まどか、矢吹奈子

「Green Flash」のHKTカップリング曲。「12秒」と同じ16人選抜だが、メンバーは少し異なっており、「12秒」からは植木、木本、神志那、村重が外れ、代わりに秋吉、駒田、坂口、冨吉が入った。


「命は美しい」(乃木坂46 18人選抜)
秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、伊藤万理華△、衛藤美彩、齋藤飛鳥△、相楽伊織○、桜井玲香、白石麻衣、高山一実、西野七瀬☆、橋本奈々未、深川麻衣、星野みなみ、堀未央奈、松井玲奈、松村沙友理、若月佑美

3月18日発売の乃木坂のシングル。前作から2人増え、過去最多の18人選抜となった。センターは2作ぶりの西野七瀬で、3作目のセンターとなった。2期生で、学業のためしばらく活動せず、昨年6月から研究生に復帰していた相楽伊織が初選抜。伊藤万理華と齋藤飛鳥の2人が「バレッタ」以来の選抜復帰となった。乃木坂は1期生が全員選抜を経験したが、今後はこの前正規メンバーに昇格した2期生が順番に選抜入りしていくのだろうか。


というわけでここまで見てきたが、まあ大変だった。ちなみに「Green Flash」にはあと「マジすか」の2曲と、てんとうむChu!とかぶとむChu!の曲があるが、「マジすか」の2曲はドラマの出演メンバーが歌っている。その結果、ぱるる・ゆいはん・たかみなの3人は「Green Flash」「マジすかFight」「春の光 近づいた夏」「履物と傘の物語」の4曲で選抜入りとなった。またさしこも「春の光」の代わりに「大人列車」に参加するため4曲で選抜入り。一方で今回1曲も参加していないメンバーもかなり多く、格差が広がっている感がある。

posted by K at 01:35 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: