2015年03月11日

侍ジャパン強化試合 VS欧州代表第2戦

【第2戦】東京ドーム
欧州代表6−2侍ジャパン

投手リレー
欧州 マークウェル、ナカル、ゾマー、ストゥイフベルゲン
日本 松葉、井納、武田、松井

今日も先制は欧州。2回、先発のオリックス・松葉から2本のタイムリーツーベースで2点を先制する。さらに欧州は3回、オランダのデカスターの3ランで点差を5点に広げる。反撃したい侍ジャパンは6回、山田のホームランで1点を返すと、さらにランナーをため、銀次の内野ゴロの間に1点を追加する。しかしその後は差を詰められず、逆に8回に犠牲フライで1点を追加され敗戦。欧州代表との2連戦は1勝1敗となった。

今日は先発の松葉が乱調。打たれたヒットは4本だが5失点。3四球がまずかった。またランナーがほとんど帰っているので効率よく失点してしまった。ショックは大きいだろうがシーズンでは頑張ってほしい。その後の井納は上々、武田はパーフェクトなピッチングを見せたが、松井は犠牲フライで1失点。まあ松井はまだ10代で非常に若いので、真剣勝負じゃないにせよこういう国際舞台に立ったということに意味があると思う。

打線はメンバー・打順を変えて挑んだが連打が一度も出なかった。初回に先頭の大島が出塁したが、直後に牽制死。これがちょっと流れを悪くしてしまったかもしれない。凡打でアウトになるよりもかえって重くなってしまった気がする。もちろんそれだけが原因ではないと思うが。そんな中で2日連続で打点を挙げたのが山田。昨年大活躍し、代表戦でも実力を発揮。本職でないファースト守備だけが不安定ではあったが、巨人しては今年も非常に手ごわい相手になりそうだ。

あと、巨人ファンとして残念だったのは澤村の登板がなかったこと。おそらく日本がリードしていたら9回が澤村だったのだろうが、結果として今回呼ばれた選手で唯一出番がなかった。抑え澤村を見たかったが、ライバルに見せずに済んだ、と超ポジティブに解釈しておこう。

シーズンの開幕まであと2週間と少しと迫った。巨人はどうもケガ人が多いようで非常に心配なのだが、不調でもいいので体調だけは整えておいてほしい。早いうちにベストメンバーがそろうことを祈る。

posted by K at 23:11 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: