2015年04月07日

4月7日 巨人2−1広島

初回、ロサリオのタイムリーで広島が1点を先制。その後は巨人杉内、広島大瀬良両投手の投げ合いが続く。杉内は6回まででマウンドを降りるが、大瀬良はピンチを何度か迎えつつも投げ続け、完封をかけて9回のマウンドへ。しかし、先頭の亀井がエラー気味の2ベースで出塁すると1アウト3塁から井端が同点タイムリー、土壇場で巨人が同点に追い付き、試合は延長へ。巨人は10回に1アウト1,3塁のチャンスを作るが、3塁の片岡の走塁ミスで得点はならず。しかし11回、高橋が四球で出塁すると、代走の寺内が盗塁。鈴木の打球を広島の田中が悪送球し(記録は内野安打)、寺内がホームに帰って勝ち越し。最後は戸根が締め、長い試合を巨人が制した。広島は7連敗。

いやー、負けてもおかしくない試合だったが、よく勝った。

先発の杉内は6回1失点。広島打線が不調なのもあっただろうが、前回よりもよかったと思う。できれば勝ちをつけてあげたかったところだが、相手の大瀬良も頑張っていたのでしょうがない。今日の調子ならいずれ勝つだろうし、杉内は今年もやってくれるだろう。

中継ぎ陣も奮闘。マシソン、山口は2試合連続無失点で調子が出てきたか。澤村は味方のエラーもあったが2イニングをきっちり抑え、結果的に勝ち投手に。そしてプロ初セーブを挙げたのがルーキーの戸根。今季ここまでかなり良いピッチングを見せていたが、緊張するであろう今日の場面でも抑えて見せた。高木といい戸根といい、今年のルーキーたちはすごいな。

野手陣では寺内だろう。打席には立っていないが、由伸の代走で出てくると盗塁を決め、さらに鈴木の内野安打と悪送球でホームまで帰ってきた。今季、打席にはまだ1度しか立っていないが、まずは走塁で存在感を見せた。今のところ村田が不調で、片岡も今日ミスをするなど、内野は安定していない。寺内も今後出場機会が増えてくるだろう。

途中まで負けそうな試合ではあったが、逆にもっと早く勝てそうな場面もあった。まず9回、同点に追い付き、さらに2アウト2塁の場面で代打セペダ。長野や中井ではダメだったんだろうか。2塁ランナーは鈴木で、ヒットでも1点入る場面でまだ1本もヒットが出ていないセペダを使うというのは左右を考えたとしても疑問だった。あとは10回の片岡。1アウト1,3塁、バッター阿部というイケイケの場面をミスで潰してしまった。澤村はよくあの悪い流れで3者凡退に抑えたと思う。

まあなんにせよ、勝ってこれで5割復帰。このまま貯金を作りたい。明日の先発は巨人がマイコラス、広島が野村。先週の水曜日は大竹が投げていたが、大竹が抹消されたためマイコラスが中5日で登板。あさって以降も間隔を詰めるようで、空いた日曜日に2年目の田口が抜擢されるようだ。マイコラスは前回まずまずの内容だったので今回も期待したい。対する野村は前回、5回5失点と崩れた。今日のようなミスを少なくして、チャンスを確実にものにしたい。
posted by K at 23:27 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: