2015年05月12日

5月12日 巨人2−1広島

巨人・菅野、広島・前田の両エースによる投げ合いは、序盤に両チームチャンスを作るもののそれを逃すと投手戦に。均衡が破れたのは6回。ロサリオのタイムリー2ベースで広島が先制する。追いつきたい巨人は7回、巨人に来てから一軍初昇格となった堂上がタイムリー2ベースを放ち同点に。さらに2アウト1,3塁のチャンスでバッテリーエラーが出て勝ち越しに成功した。その後はマシソン、澤村がこのリードを守り、カード初戦は巨人が制した。広島の連勝は6でストップ。

先発の菅野は7回1失点。マエケンとは早くも今季3度目の投げ合いとなったが、白星をもぎ取った。先制はされたが、まあ悪くないピッチングだったと思う。これで勝敗も4勝4敗の五分となったし、ここから貯金を作ってほしいところだ。

打線は4番までノーヒット、全部で5安打ながらなんとか2点を取った。うち4安打は井端と堂上の元中日コンビによるもので、今日はこの2人で勝ったようなものだろう。堂上は中日を戦力外になり、巨人が育成選手として獲得。その後キャンプで結果を残し支配下登録されるも、ケガで出遅れていた。今日が巨人の選手として初の一軍の試合だったが、そこで見事に結果を出してくれた。守備はうまくないようなので、打撃で結果を出し続けてほしいところだ。

まずは6連勝中だった広島の勢いを止めた。このまま先週の3タテの借りを返したいところだ。明日の先発は巨人が大竹、広島が大瀬良。大竹は4月1日以来の一軍マウンド。そのときは3回途中4失点と崩れた。古巣相手に好投して、今度はローテーションを守ってもらいたい。対する大瀬良は先週の巨人戦で今季初勝利。そこから中8日での先発となる。休養十分ということで明日も打つのは難しそうだが、もしかしたら阿部と坂本が戻ってくるかもとのことなので変化に期待。

posted by K at 22:58 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: