2015年05月15日

5月15日 巨人2−1ヤクルト

巨人・ポレダとヤクルト・小川。今季3度目の顔合わせとなった今日も、過去2回と同じ投手戦となった。チャンスはヤクルトの方が多かったが、坂本や堂上のファインプレーもあり先制を許さない。そして迎えた7回、巨人は亀井がヒットで出塁すると、続く坂本が今季第1号の2ラン。ついに先制に成功する。ヤクルトは9回、抑えの澤村から押し出し死球で1点を返し、さらに1アウト満塁のチャンスを迎えたが、最後は中村が痛恨のダブルプレー。巨人がカードの初戦を制した。

先発のポレダは8回途中無失点。崩れた前回から見事に立て直した。ピンチもあったが味方の守備にも助けられ、小川に投げ勝ったのは素晴らしい。これで交流戦もローテーションは当確だろう。澤村はどんどん内容が悪くなっていっているものの、今日も何とかセーブを挙げた。ここまでセーブ失敗がないのは素晴らしいが、そろそろ危ないかもしれない。まあ今日に関しては、2敗しているヤクルトを意識しすぎたのがあるかもしれないが。

打線はほとんどチャンスがなかったが、坂本に待望の一発が出た。坂本にとっても今季の1号だが、なんと巨人のスタメンの4番がホームランを打ったのもこれが今年初らしい。どうなってんだ、今日40試合目だぞ…。坂本はまだ不調から抜け出してはいないように思うが、今日みたいな勝負強さはあるし、あとは守備の安定感が素晴らしい。今日の一発をきっかけに調子が上がっていけば1年間4番を守ることもできるかもしれない。

あとは堂上も良かった。打撃も好調を維持しているが、今日は守備でもファインプレーが出た。堂上の勢いは今のチームに必要だ。ただやっぱり危なっかしいので、パリーグ本拠地の交流戦ではDHで使うことも考えてみてほしい。

終盤は非常にハラハラしたものの、カードの初戦を取った。そしてプロ入りからここまで巨人戦無敗だったという小川に負けをつけたのも大きい。打ち崩したわけではないものの小川の得意意識を少しでも薄めることはできたと思う。

明日の先発は巨人が杉内、ヤクルトが石川。ベテラン左腕対決となる。杉内はヤクルト戦は今季初登板。強力な打線が相手だが、長いイニングを投げてほしいところ。対する石川とは今季3度目の対戦。過去は1勝1敗だが、前回は完封負けを喫している。前回はいなかった阿部や大田に期待。

posted by K at 22:00 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: