2015年06月24日

6月24日 巨人1―3DeNA

初回、筒香のダブルプレー崩れの間に、2塁から一気に石川がホームに還り、DeNAが1点を先制。巨人はプロ2試合目の先発となったDeNA砂田に苦しむが、5回、長野のソロホームランで同点に追いつく。その後は両チーム無得点が続くが、8回、2番手の山口がバルディリスに勝ち越しタイムリーを打たれ、DeNAが勝ち越し。DeNAは9回にも筒香のタイムリーで1点を追加した。DeNAが連勝、巨人は3連敗でついに借金1、首位陥落となった。

先発の杉内は7回1失点。杉内は良かった。何度かピンチはあったが初回の1点のみに抑え、しかも7回を投げ切ってくれた。杉内は一切悪くない。またしても勝ちパターンが打たれてしまった。今日は山口。山口は一回二軍に落としてみたらどうだろうか。たぶん勝ちパターンに入ってから、ケガ以外で二軍に落ちたことはなかったと思うが、復活してもらうためにも一回。戸根や高木京も打たれているし代わりが務まるとは思っていないが、とにかく山口はこのままでは絶対にだめだ。

打線は長野のソロホームランのみ。相手から8つも四球をもらっておきながら一個も点につなげられないというのはあまりに情けない。しかも相手はプロ2試合目の19歳なのに。

12連敗中だったDeNAにホームで連敗。試合内容を見ても、現状一番弱いチームだと思う。これだけ勝てなくなっているのは、ここまで勝ってきた2つの要因、中継ぎと守備が壊れ気味なことによる。今日の2点目も井端のフィルダースチョイスが原因の1つだった。中継ぎは調子が戻るのを待たなければいけないが、守備はすぐにでも立て直せるはず。そこはしっかりしてほしい。あとはもちろん打線が頑張ること。そろそろ投手陣を助けてもいい頃だ。

明日は試合がなく、あさってからはヤクルト戦。菅野、マイコラス、ポレダで挑む。とにかくまずは1勝、そしてなんとかカード勝ち越しを目指したいところだ。というか、ここで負け越すとBクラスも覚悟しなければならないので本気で臨んでほしい。

タグ:DeNA 野球 巨人
posted by K at 22:55 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: