2015年06月25日

今更ながら総選挙を振り返る その1.フューチャーガールズ&アップカミングガールズ

総選挙からおよそ20日が経ったが、そういえばまだ振り返りをしていなかったので改めて結果を振り返る。長くなりそうなので分割。まずは49位〜64位のフューチャーガールズと、65位〜80位のアップカミングガールズ。

結果は以下の通り。

フューチャーガールズ 
49位 17,579票 E   佐藤すみれ(昨年圏外、速報圏外)
50位 17,466票 A 佐々木優佳里(昨年47位、速報50位)
51位 17,387票 H 松岡菜摘(昨年64位、速報58位)
52位 17,330票 S 後藤理沙子(昨年不参加、速報28位)
53位 17,278票 E 磯原杏華(昨年44位、速報47位)
54位 17,132票 N 小谷里歩(昨年61位、速報圏外)
55位 17,071票 K2 惣田紗莉渚(昨年圏外、速報72位)
56位 17,019票 B2 梅田彩佳(昨年35位、速報圏外)
57位 16,867票 K 茂木忍(昨年圏外、速報35位)
58位 16,386票 B2/4 渋谷凪咲(昨年圏外、速報75位)
59位 15,729票 N 加藤夕夏(昨年圏外、速報39位)
60位 15,666票 B2 薮下柊(昨年59位、速報63位)
61位 15,539票 S 東李苑(昨年圏外、速報45位)
62位 15,474票 E 加藤るみ(昨年不参加、速報46位)
63位 15,157票 S 山内鈴蘭(昨年69位、速報圏外)
64位 14,933票 N 吉田朱里(昨年72位、速報圏外)

アップカミングガールズ
65位 14,916票 E 斉藤真木子(昨年75位、速報69位)
66位 14,674票 S/4 北川綾巴(昨年圏外、速報73位)
67位 14,669票 4 大森美優(昨年圏外、速報21位)
68位 14,605票 E 梅本まどか(昨年68位、速報51位)
69位 14,585票 K 永尾まりや(昨年65位、速報圏外)
70位 14,545票 E 鎌田菜月(昨年圏外、速報33位)
71位 14,319票 K 石田晴香(昨年57位、速報圏外)
72位 13,961票 K4 植木南央(昨年圏外、速報圏外)
73位 13,777票 E 熊崎晴香(昨年圏外、速報53位)
74位 13,744票 M 谷川愛梨(昨年圏外、速報圏外)
75位 13,685票 A 大和田南那(昨年圏外、速報65位)
76位 13,549票 S   竹内舞(昨年圏外、速報圏外)
77位 13,269票 K2 石田安奈(昨年圏外、速報38位)
78位 13,170票 K 篠崎彩奈(昨年圏外、速報43位)
79位 13,165票 B2 市川美織(昨年53位、速報圏外)
80位 13,116票 K4 本村碧唯(昨年48位、速報圏外)
アップカミングガールズ

・まず驚いたのがボーダーラインの高さ。個人的には高くても12000票まではいかないと考えていたので、80位でいきなり13000票超えはビックリした。13000票は昨年なら60位に入れる数字であり、これは若手にとってはかなり高いハードルだった。

・80位に昨年48位のあおいたん、79位に昨年53位のみおりんがギリギリで入った。2人とも速報圏外からの滑り込みだったが、順位だけでなく票数も下がった。このあたりはもっと楽々入ってくると思っていたので改めて争いの激しさがわかる結果だった。

・78位から72位までは初ランクインのメンバーが続いた。77位のあんにゃは数少ない、「第1回からすべて参加してすべて圏外」のメンバーだったが(他には鈴木まりやと内山命のみ)、悲願の初ランクインを果たした。一方75位のなーにゃは2度目の参加でランクインということで順調ではあるのだが、この1年の活躍を考えるともっと上に行きたかったところ。票数を考えても昨年のこじまこやなぁちゃんより少なく、みきちゃんより少し多い程度だったので。

・71位のはるきゃん、69位のまりやぎといったところはベテランの底力を見せた。2人とも昨年から順位は下がっているが、票数ははるきゃんがほぼ同じでまりやぎは2000票ほど増えている。選抜に入ることがほとんどない中で票を維持したり増やしたりするのは大したものだと思う。

・速報で大きなインパクトを与えたみゆぽんは67位に。今回ランクインしたメンバーで最も速報に票が偏ったため大きく順位を落としたが、なんとか踏みとどまって初ランクインを果たした。みゆぽんも速報を考えるともうちょっと上だと思ってたので、ここで出てきたのは意外だった。

・アップカミングガールズセンターの65位はまっきぃ。昨年が一昨年から順位を落としていたので、今年はランクインも微妙だと思っていたのだが、大きく票を伸ばし見事初のセンターを獲得した。

・アップカミングガールズの内訳はAKB5、SKE7、NMB2、HKT2。SKEが最多となった。


フューチャーガールズ

・まず内訳を書くと、AKB2、SKE7、NMB6、HKT1。速報が壊滅的だったNMBがここで大量にランクインして盛り返した。しかし最多はまたしてもSKE。HKTにいたってはなつ1人となってしまい、コミュニケーション取れるのかが若干心配である。

・というわけでSKEとNMBが多くランクインしたのだが、速報圏外からフューチャーガールズに入った5人もSKEとNMB。SKEからはセンターとなる49位のすーちゃん、63位の鈴蘭が入った。正直この2人は速報圏外だった時点で厳しいと思っていたので、よく頑張ったと思う。またNMBからはりぽぽ、梅ちゃん、アカリンの3人。まありぽぽと梅ちゃんに関してはそもそも速報圏外なのが驚きだったので予想の範囲内か。アカリンはギリギリだと思っていたのでここまで伸ばしたのはすごい。

・フューチャーガールズには初ランクイン組も多く入った。茂木ちゃんは初ランクインにして13期のトップに立った。アズマリオン、なぎさ、うーかあたりは順調と言えるのでは。そして55位に入ったさりーは、ドラフト生では唯一のランクインとなった。ドラフトでは最下位指名だったのに、総選挙で最上位になってしまうんだから何があるかわからない。

・ここまでの32人の内訳はAKB7、SKE14、NMB8、HKT3と、意外にもHKTが一番少ない。ただ速報上位のメンバーがまだ出てきていなかったので、これから出てくるだろうと予想はしていた。事実その通りになったけど。


というわけでアップカミングガールズとフューチャーガールズを振り返った。次回はネクストガールズとアンダーガールズ。
タグ:総選挙 AKB48
posted by K at 01:14 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: