2015年06月28日

今更ながら総選挙を振り返る その3.選抜

さしこがもう公約を実行してしまったが、総選挙振り返り企画第3回は1位〜16位の選抜メンバー。

結果は以下の通り。

選抜
1位  194,049票 H  指原莉乃(昨年2位、速報1位)
2位  167,183票 B/NGT 柏木由紀(昨年3位、速報2位)
3位  165,789票 B  渡辺麻友(昨年1位、速報3位)
4位  137,252票 A  高橋みなみ(昨年9位、速報6位)
5位  105,289票 S/K  松井珠理奈(昨年4位、速報4位)
6位  97,866票 N/K  山本彩(昨年6位、速報5位)
7位  81,422票 K4/A 宮脇咲良(昨年11位、速報12位)
8位  75,495票 S2/S 宮澤佐江(昨年12位、速報13位)
9位  73,803票 A  島崎遥香(昨年7位、速報7位)
10位  63,414票 A 横山由依(昨年13位、速報20位)
11位  61,566票 NGT 北原里英(昨年19位、速報10位)
12位  55,715票 B2/B 渡辺美優紀(昨年18位、速報18位)
13位  53,667票 K2 松村香織(昨年17位、速報14位)
14位  52,609票 K2 高柳明音(昨年31位、速報16位)
15位  49,199票 E 柴田阿弥(昨年15位、速報9位)
16位  44,637票 K 武藤十夢(昨年24位、速報36位)


・アンダーガールズまで発表された時点で16人はほぼわかっていたので、どういう順位になるかというのが注目だったが、まず16位は十夢。十夢は総選挙によって存在感を高めてきたメンバーで、そもそも総選挙が速報重視になったのも十夢がきっかけだと思うが、最初は12期の中でもわりと存在感は薄い方だと思ったのだが、ランクイン後に昇格。昨年はアンダーガールズ入りし、その後初選抜。そして今年ついに選挙選抜入りを果たした。特に推されていたわけでもないのに総選挙で選抜まで入るというのは最近は非常に珍しいし、すごいことだと思う。

・15位は阿弥ちゃん。順位は昨年から変わっていないものの、票数は約1万票増えた。ソロでテレビに出たりもして人気も順調に上がったということかな。

・14位はちゅり。7回目の総選挙にして自己最高位を更新、そして初の選挙選抜入りを果たした。票数は昨年から3万票以上増えている。玲奈の票が流れたとも言われているが、まあそれも結構大きな理由だと思う。ただいくら仲がいいからって、票を入れたいと思わなければ票は入らないわけで、本人が頑張ったからこその票だと思う。

・13位はかおたん。ちゅりが呼ばれた時点で決まっていたのだが、かおたんがSKEの3番手となった。なってしまった。かおたんは当然ながらこれまでAKBの選抜に入ったことはなかったので、唯一、正真正銘の初選抜となる。個人的にはあんまり好きなタイプではないものの、スピーチは面白かった。自分の役割を分かっていたと思う。

・12位はみるきー。2年ぶりの選挙選抜入りとなった。最高位も更新し、票数も増えている。みるきーは昨年選抜落ちしたが、その後はじゃんけん大会優勝、ソロデビューなどわりと順調だったのでこの結果も順当か。

・11位はきたりえ。3年ぶりの選挙選抜入り。2年ぶりの選挙選抜入りというのは上記のみるきーの他、もっちーもやったことがある(第1回・第3回)が、3年ぶりというのは史上初の快挙である。また3度記録していた13位という最高位も更新した。これはもうNGT移籍効果だと思う。新潟の人も応援してくれたんじゃないだろうか。スピーチも良かった。

・10位はゆいはん。速報の時点で20位、実は選抜入り危ないんじゃないかと思っていたが、猛烈な追い上げで自己最高位を更新、初のトップ10入りとなった。そしてここまで上がったために、毎年少しずつ良くなっていたはずのスピーチがまたしても崩壊。次期総監督なのに…とも思ったが、逆に言うとだからこそ次期総監督に選ばれたんじゃないかなとも思う。たかみなを目指してもたかみなには誰もなれないので、たかみなと全く違うタイプの総監督像を作り上げていってくれるんじゃないかと思う。まあそれでももう少し話がうまくなってもいいけども。

・9位はぱるる。正直ここが一番意外だった。さくらとは接戦になるかもとは思ったが、まさか佐江より下だとは。票数は上がっているが、順位は下がってしまった。でもそのおかげか、スピーチは感情がよく出ていて非常に良かった。あのスピーチに見合った活動ができれば、来年は間違いなく順位を上げるだろう。

・8位は佐江。佐江は昨年かなり票数が落ちていたので、今年はもっと選抜ギリギリくらいの位置になるんじゃないかと思っていたが、なんと3万票以上も増やして、第2回で記録した9位を上回る自己最高位を記録した。ここ数年SNHだったりAKBだったりSKEだったりと動きがあわただしく、それでいったんはファンが離れたんだろうが、この1年はそれが落ち着いて、SKEとしての活動が評価されたのだろうと思う。

・7位はさくら。目標としていた「神崩し」を達成、ついに7位に入った。この1年は「希望的リフレイン」でセンターになったり、「マジすか学園4」で主演を務めたり大躍進。その分プレッシャーもあっただろうが、しっかり結果を出した。

・6位はさや姉。ここからは誰が出てもおかしくないと思われていたが、実際に票数も大きく上昇。10万票に迫る勢いとなった。さや姉は本気で1位を狙っていただろうが、今年はさや姉の年ではなかったかもしれない。ただここまで票を伸ばせば、来年こそは本気で1位争いに食い込めるかもしれない。

・5位は珠理奈。珠理奈はついに10万票の壁を突破したが、今年も残念ながら1位はならなかった。ただ、昨年10万票を初めて突破したゆきりんが今年17万近くまで伸ばしたように、10万を超えれば一気に伸びる可能性もある。たとえば今年は福岡開催だったが、来年名古屋でやったりすれば本当に1位を取っちゃうかも。

・4位はたかみな。昨年末に卒業を発表し、今年が最後、かつ1位を狙うと公言していたたかみなは全メンバー中最多となる、昨年から約8万票の増加で第1回に記録した5位を上回る自己最高位を記録した。137252票ってとんでもない数字なんだけど、今回に関してはこれでもまだ1位にははるかに届かなかった。たださすがというか、スピーチはすごかった。まだまだゆいはんは学ぶことがいっぱいあるな。

・そしてここから上は全員過去最高である昨年1位のまゆゆの票を上回っている。3位はそのまゆゆ。昨年の票を超えたものの3位、連覇はならなかった。1位経験者が3位になったのは初めてだが、2位とは僅差だしそこまで不名誉なことではないと思う。

・2位はゆきりん。第3回以降3位→3位→4位→3位と来ていたがついに2位を獲得した。初の単独センターを狙っていたこと、年齢やキャリアを考えると最後の総選挙になるかもしれないことなどがあって本気で1位を獲りに行っていたし、実際1位でもなんらおかしくない票数だったのだが1位が異次元だったため1位はならなかった。その後いろいろあって忘れられかけているが、AKBではトップである。

・そして1位はさしこ。1位予想をしていたし1位であることは驚かなかったのだが、驚いたのはその票数で、2位のゆきりんを約27000票引き離してのぶっちぎりの1位。あわや20万票に届く勢いとなった。そう考えると速報があまり増えなかったのはやはり物理的に限界なんだろうなと思う。さしこはもうAKBでとかアイドルでというくくりではなく、若手女性タレントでトップクラスの地位を築いているので、1位はみんなが納得するところだと思う。ちなみに1位になった場合の公約「水着でライブ」は本日実行した。

・選抜メンバーの内訳はAKB6、SKE5、NMB2、HKT2、NGT1。ゆいはんと十夢が入り、だーすーが落ちたことでAKBが最多の座を守った。ちなみにNGTは兼任を含め、メンバー全員選抜入りとなった(2人しかいないんだけど)。


ということで選抜を1人ずつ振り返った。長かった…。しかし振り返り企画はまだ終わりではない。次回は最終回、圏外になったメンバーと全体を振り返る。

タグ:AKB48 総選挙
posted by K at 00:50 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: