2015年06月28日

6月28日 巨人4―6ヤクルト

初回、ダブルプレーの間にヤクルトが1点を先制。ヤクルトは4回、菅野の暴投で1点、さらに内野ゴロの間に1点を加え、3―0とする。巨人は2年ぶりの一軍マウンドとなった館山の前になかなか点を奪えずにいたが、5回、高橋の3ランで同点に追いつく。さらにチャンスを作って館山を降板させると、代わった秋吉から相川が犠牲フライを打ち、勝ち越しに成功した。しかしその裏、山田が逆転2ランを放ちヤクルトが再び勝ち越し。7回には上田のタイムリーで突き放した。ヤクルトが勝利し、このカードは1勝1敗となった。

先発の菅野は7回途中6失点。今日は菅野が悪かった。珍しく打線が4点「も」取ったので今日は勝ちたかったが、残念だった。逆転した直後に打たれたのもちょっと印象が悪い。まあ金曜登板予定だったのが2日ずれて、調整も大変だったのかもしれない。次はしっかり頑張ってほしい。

打線は5回に一挙4点を挙げたが、それだけ。6回以降は1安打に抑えられた。2年ぶりの復帰登板となった館山はまだ本調子ではなかったようで、その館山は打てたがリリーフは打てなかった。結局あまり良くなってはいないということだろう。まあ・・・今日は館山がちゃんと投げたというのが野球ファンとして嬉しかったのでいいか。

このカードは1勝1敗で、カード連続負け越しはなんとか止めた。次こそは勝ち越したい。次は本拠地で広島戦。広島は現在5位だが、巨人との差は1.5ゲーム。この3連戦次第ではひっくり返る可能性もある。気を引き締めて臨みたいところだ。あと、おそらく火曜日は黒田が登板すると思われ、黒田の日本復帰後初対戦となる。これは楽しみだ。
posted by K at 22:33 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: