2015年06月29日

今更ながら総選挙を振り返る その4.圏外メンバー&全体

総選挙振り返り企画、最終回は圏外になったメンバーと全体についての感想。

ここで取り上げる圏外メンバーは下の3つのどれかに当てはまるメンバー。

@ 速報でランクインしたものの最終で圏外に落ちたメンバー
A 昨年ランクインしたものの今年圏外だったメンバー
B 公式ガイドブックで「注目の100人」に選ばれたメンバー

@ 速報でランクインしたものの最終で圏外に落ちたメンバー

4 込山榛香(速報37位)
4 岡田彩花(速報42位)
M 沖田彩華(速報44位)
H 秋吉優花(速報47位)
K2 日高優月(速報49位)
K4 下野由貴(速報52位)
K4 冨吉明日香(速報55位)
A 小嶋菜月(速報56位)
A 岩田華怜(速報59位)
K2 江籠裕奈(速報66位)
H 駒田京伽(速報67位)
E 酒井萌衣(速報70位)
B 大島涼花(速報71位)
K4 後藤泉(速報74位)
B 福岡聖菜(速報77位)
K2 竹内彩姫(速報78位)
A 宮崎美穂(速報79位)
A 大家志津香(速報80位)

速報圏内から圏外に落ちたのは18人。これは80位のボーダーラインが13000票と高かったのも原因だろう。なかでもこみはるが落ちたのは驚いた。こみはるはランクインはもちろん、なーにゃより上に来てもおかしくないと思ってたのでまさか入らないとは。なっつんあたりも入ると思ってたけどな。あと下位は落ちてもしょうがないところではあるが、それでも涼花が入らなかったのはびっくり。てっきり順位を上げてくるものだと思っていた。


A 昨年ランクインしたものの今年圏外だったメンバー(@に入ったメンバーは除く)

B 岩佐美咲(昨年49位)
4 西野未姫(昨年62位)
4 岩立沙穂(昨年66位)
A 前田亜美(昨年70位)
A 小笠原茉由(昨年76位)
S 矢方美紀(昨年73位)
K4 村重杏奈(昨年67位)

ここはみきちゃんとさっほーが意外だった。みきちゃんはけっこうテレビにも出ていたし昨年より順位を上げると思っていたし、さっほーもなっきーみたいなパターンでかなり上に来ると思っていたので、速報にも入らないとは思わなかった。あーみんは4年連続、わさみんとまーちゅんは3年連続でランクインしていたが今年は圏外となった。


B 公式ガイドブックで「注目の100人」に選ばれたメンバー(@Aに入ったメンバーは除く)

A   谷口めぐ
4   川本紗矢
8   横山結衣
8   山田菜々美
8   倉野尾成美
8   中野郁海
8   坂口渚沙
K2   神門沙樹
N   須藤凜々花
N   太田夢莉
N   城恵理子
N   西村愛華
M   村瀬紗英
B2   日下このみ
H   田中菜津美
H   山本茉央
H   矢吹奈子
H   田中美久
研   栗原紗英
研   荒巻美咲

「注目の100人」に選ばれるだけあって、みんなランクインしても良さそうな気がするが、残念ながらランクインせず。特に意外だったのはさややか。でもなーにゃが75位だったことを考えると、若手がランクインするには厳しかったのかもしれない。なこみくとかもそんな感じだろう。

全体の感想

・今回の総投票数は328万7736票。昨年が268万9427票だったので、およそ60万票も増えた。これが正直意外だった。オリコンを見る限りCD売り上げは増えていないので、他からの票がものすごく増えたということか。

・80人の内訳はAKB23、SKE27、NMB14、HKT15、NGT1。SNHが本所属の佐江はSKEに含めたが、それを抜かしても今回初めてSKEがAKBを上回った。ちなみにNMB、HKTも(もちろんNGTも)人数は増えており、AKBだけが減少した形となる。AKBが好きな自分としては残念。

・初ランクインしたメンバーは多かったが、初参加初ランクインのメンバーがいなかった。これは史上初である。ただ今年に関しては、今までよりも初参加のメンバーが少なかったのも原因だと思われる。それに昨年も初参加ランクインは生駒ちゃんだけで、生駒ちゃんはかなり特殊な例だったので、初参加でのランクインはかなり難しくなっているというのがわかる。来年はドラフト2期生、NGT1期生らが初参加となるはずなので、このメンバーたちがランクインできるか注目である。

・今年の最年長ランクインメンバーは梅ちゃんで、本人も言っていた通り唯一の昭和生まれとなった。まあそもそも今、48グループの昭和生まれはこじはると梅ちゃんしかいないのだが。ちなみに梅ちゃんは1989年1月3日生まれで、非常にレアな昭和64年生まれである。

・一方、最年少ランクインメンバーは芽瑠。なーにゃと同じ高1だが、誕生日が芽瑠の方が遅いので最年少に。唯一の2000年生まれでのランクインとなる。芽瑠はこれで「3年連続最年少ランクイン」という記録を達成した。これ珍しいんじゃないかと思ったのだが、よく考えたら最初の方はずっと珠理奈が最年少なので珍しくなかった。これまでの最年少ランクインは珠理奈(第1回〜第3回)→さくら(第4回)→芽瑠(第5回〜第7回)となっている。なお、速報では芽瑠の年下である福岡聖菜、秋吉優花の2人がランクインしていたので、来年は最年少のメンバーが変わるかもしれない。


ということで4回にわたって今年の総選挙を振り返った。あの子が入ってないとか、思ったより順位が低いとか残念なところもあったけど、全体的には面白い総選挙だったと思う。来年もたぶんやるんじゃないかと思うので、そのときは期待したい。ところで、やすすの755を見ているとどうやら今年の選挙曲はヨシマサ曲のようで、これは期待したい。昨年の「心のプラカード」は日テレの「THE MUSIC DAY」で初披露となったが、今年の「THE MUSIC DAY」は今週末。ここで披露されるだろうか。まだできてないっぽいのだが。

タグ:AKB48 総選挙
posted by K at 00:54 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: