2015年07月04日

7月4日 巨人3―3中日

3回、立岡、坂本の連続タイムリーで巨人が2点を先制。しかしその裏、中日はナニータ、エルナンデスの連続タイムリーで3点を取り、逆転する。4回、巨人は満塁からピッチャーのマイコラスが自らタイムリーを放ち同点とする。その後は両チームのブルペン勝負に。お互いチャンスを作るものの1点が取れない。そのまま試合は12回まで進み、結局引き分けとなった。

先発のマイコラスは7回途中3失点。先制してもらった直後に逆転されたのは良くないが、そこから7回途中まで粘ったし、何より自分でタイムリーを打って同点に追いついたので頑張った。ちなみに今日のヒットが来日初安打となった。

今日一番良かったのは中継ぎが頑張った点。とくに不安定な状態が続いていた山口・マシソン・澤村が(澤村は危なかったが)無失点で抑えたのは今後に向けて明るい材料だった。あとは勝ち試合でも抑えられれば大丈夫。その勝ち試合にならないのだが。

打線は9安打7四死球で3点。非常に効率が悪い。今日は4番、5番、6番がノーヒットだった。亀井の調子が急激に落ちてきているのが気になるところだ。

今季初の引き分け。勝てなかった引き分けにも見えるし負けなかった引き分けにも見えるが、相手の本拠地なのでまあそんなに悪くとらえなくてもいいと思う。ただ明日は大事で、明日勝って初めて今日の引き分けに価値が出る。カード勝ち越しもかかるので絶対勝ちたい。

明日の先発は巨人が菅野、中日が山井。前回は6失点と崩れた菅野だが、菅野が連続して悪いというのはあまりないのでそんなに心配はしていない。ただし今季は中日戦未勝利である。一方の山井とは今季3度目の対戦で、過去2回は山井に抑えられ敗れている。今季3勝7敗の山井だがそのうち2勝を巨人戦で挙げているということで、明日は得意意識を持って臨んでくるだろうが、打線もそろそろ爆発してくれるだろうとちょっとだけ期待しておく。

タグ:中日 巨人 野球
posted by K at 20:40 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: