2015年07月19日

オールスター2015 第2戦

【第2戦】MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島
全セ 8―3 全パ

投手リレー
セ:黒田、前田、田中、大野、バーネット、呉昇桓
パ:吉川、ディクソン、十亀、増田、武田、高橋朋

広島黒田、日本ハム吉川の先発で始まった試合。試合は3回、広島會澤のホームランでセリーグが先制する。4回にはDeNA梶谷、広島田中のタイムリーで3点を追加し、4-0とする。連敗は避けたいパリーグは5回、西武秋山のホームランで1点を返すが、その裏、セリーグはDeNA筒香、広島新井、DeNA梶谷の3連続タイムリーで3点を追加し、突き放す。6回、西武森が10代では清原以来となるオールスターでのホームランを打ち、パリーグが2点を返す。しかし8回、中日平田のホームランでセリーグがダメ押し。セリーグが連勝で交流戦の無念を晴らした。

なんで交流戦であんなに負けたんだ、と思うくらいのセリーグの躍動。まあ2戦ともセリーグ本拠地というのもあったのかもしれないが、なんにせよ今日もよく打った。とくに地元・広島の選手たちが活躍。丸と菊池はノーヒットだったが、新井と田中はタイムリー。新井は敢闘選手賞、田中はBe a driver.賞を獲得した。そして先制ホームランの會澤は見事、今日のMVPを獲得した。投手も黒田からマエケンへの豪華リレーが実現。2人とも無失点ながら、ヒットを打たれたためか賞はもらえなかった。とはいえ、地元の、そして投票したファンの期待に応えた結果となった。

広島勢以外では梶谷が活躍。2日とも打点を挙げたのは田中と梶谷だけであり、梶谷も敢闘選手賞を獲得した。巨人選手は阿部が代打で登場し凡退。鈴木は代走で登場し、昨日に続いて盗塁を決めたが、藤浪3塁コーチの指示で三盗を狙ったところスタートが早すぎて失敗。1盗塁、1盗塁死という結果だった。

連敗となったパリーグだが、見せ場を作ったのは敢闘選手にも選ばれた森。昨日も藤浪との対戦で東京ドームの天井に打球を当てるという離れ業を見せたが昨日はアウトだった。しかし今日は見事ホームラン。10代でのホームランは清原以来2人目とのことで、あらためてとんでもない打者であることを思い知らされた。最多得票だったのもよくわかる。今後もその豪快な打撃を貫いてほしい。

今年のオールスターは2戦とも楽しかった。巨人のいるセリーグが連勝したからというのもあるだろうが、対戦も見ごたえがあったと思う。普段は敵同士の選手たちが楽しそうに話してるのを見るのは良いなと思う。日本代表でも一緒になることはあるけど、そういうときは真剣勝負なので、リラックスした表情を見られるのはやっぱりオールスターだけだ。

お祭りは終わり、リーグ戦は早くも月曜日から再開する。残り試合は各チームとも60試合前後で、ここから優勝争い、CS争いが本格化してくる。まれにみる大混戦のセリーグ、差が開きつつあるパリーグ、それぞれどのように動いていくのか。まずはどこがスタートダッシュを決めるかに注目したい。

posted by K at 00:59 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: