2015年09月28日

9月27日 巨人1-2ヤクルト

菅野と石川の中4日同士による対決は、4回まで両チーム無得点が続く。5回、ヤクルトはピッチャーの石川が自らタイムリーを打って先制。さらに内野ゴロで1点を追加する。巨人もその裏チャンスを作ると、菅野に代打井端を出す。その井端が犠牲フライを打って1点差とする。巨人はその後7回、8回、9回とそれぞれランナーを2人出すチャンスを作ったが、ヤクルトの必死の継投の前にあと1本が出ず、試合はこのまま終了。ヤクルトに、ついにマジック「3」が点灯した。

先発の菅野は5回2失点。5回で代わったのはチャンスで打席が回ってきたからだと思うが、無失点だったら代わってなかったかもしれない。2失点というのはそこまで悪くないんだけど、先制をされてしまったこと、そしてピッチャーの石川に打たれてしまったこと。これはまずかった。菅野はおそらくもう1試合投げるが、その時までヤクルトの優勝が決まっていないことを祈りつつ、次こそは投げ勝ってほしいと思う。

打線はチャンスにあと1本が出ず。個人的には一番痛かったと思うのは7回かな。代打で出てきた寺内がバントできずに三振となったのは流れを悪くしてしまった。

投手陣が好投しながらも、打線にあと1本が出ずに負ける。今年はこういう試合を何試合も見てきた。ある意味、今年を象徴するような試合だったと思う。このままヤクルトが優勝したとしても、今年の巨人では優勝は無理だったんだと納得してしまうような、そんな試合だった。

しかし、まだ可能性がある限り諦めてはいけない。ここからヤクルトが全部負けて、巨人が全部勝つことだってあり得る。5連敗や4連勝なんてよくあることなのだから。今後の試合は、

ヤクルト:ホーム中日→ホーム広島→休み→ホーム阪神→休み→ビジター広島→ビジター巨人
巨人:ビジター阪神→2連休→ビジター横浜2連戦→休み→ホームヤクルト

となる。巨人はホームが1試合、ヤクルトはホームが3試合残っていることを考えると、ヤクルトはホームで全部勝てば優勝なので圧倒的に有利。巨人は、とにかく負けてマジックを減らすことだけは避けなければいけない。ヤクルトが勝ったらもうしょうがない。今日負けたのがいけない。

ということで、明日は甲子園での阪神戦。今季最終戦となる。明日の先発は巨人がポレダ、阪神が藤浪。阪神キラーポレダが中4日で登板。前回も阪神戦だったが、そこでも7回1失点と好投している。中4日は不安だけど、そこはメジャーにもいたピッチャーだし(先発じゃないけど)、なんとかしてくれるだろう。対する藤浪とは今季8度目の対決。今季は1チームと25試合やるので、3試合に1回は藤浪が出てくる計算になる。藤浪には抑えられているものの試合はあまり負けておらず、藤浪から見て1勝4敗、防御率2.91。ただ明日は甲子園なのでそこは不安が残る。今日の悪い流れを切り替えられればいいのだが。

posted by K at 01:10 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: