2015年10月07日

プロ野球の2015年レギュラーシーズンが終了

今日、セリーグの今季最終戦となる広島-中日戦が行われ、これでレギュラーシーズンの全日程が終了した。

<セリーグ>
順位表

セ2015.png

最終盤までもつれた今季のセリーグ。最終的にはヤクルトが制する結果となった。1.5ゲーム差の2位には巨人が入り、そして今日まで決まっていなかった3位には阪神が入った。この3チームがクライマックスシリーズに進出する。最終戦に敗れた広島はわずか0.5ゲーム差で4位。終盤でDeNAを逆転した中日が5位で、DeNAは前半戦の首位から失速、最下位となった。最終的にはわりと差も広がったが、それでもヤクルトとDeNAの差は14.5ゲーム。パリーグの1位ソフトバンクと3位ロッテの差が18.5ゲームあることを考えれば接戦だった。

打撃タイトル
首位打者:川端(ヤ) .336
本塁打王:山田(ヤ) 38本
打点王:畠山(ヤ) 105打点
盗塁王:山田(ヤ) 34盗塁
最高出塁率:山田(ヤ) .416
最多安打:川端(ヤ) 195本

主要な打撃タイトルはヤクルト選手、それも3選手が独占。とくに凄いのが山田で、今季はトリプルスリーに加え100打点も達成し、チームを優勝に導く大活躍を見せた。本塁打王と盗塁王の同時受賞は史上初。打率・打点も2位で、三冠王にもあとわずかだった。


投手タイトル
最多勝:前田(広) 15勝
最優秀防御率:ジョンソン(広) 1.85
最高勝率:マイコラス(巨) .813
最多奪三振:藤浪(神) 221個
最多セーブ:バーネット(ヤ)・呉昇桓(神) 41セーブ
最多HP:福原(神) 39HP

投手タイトルは広島と阪神の投手が目立つ。マエケン・ジョンソン・マイコラス・藤浪の4人は主要3タイトル(上3つ)のすべてで5位までに入っており、タイトル争いを繰り広げた。また防御率は菅野とマイコラスを含め3人が1点台という超ハイレベルな争いとなったが、ジョンソンが素晴らしい成績で初タイトルとなった。


<パリーグ>
順位表

パ2015.png

パリーグはソフトバンクが独走。マジックが8月に点くと、その後も順調に減らして9月17日に優勝決定。これはパリーグ史上最速だった。その後は失速したが、2位の日本ハムには12ゲームの差をつけ、90勝に到達した。日本ハムも大きく差をつけられたとはいえ、成績はセリーグ1位のヤクルトを上回っており、早々とCS進出を決めた。3位争いは接戦となったが、最後の14試合で12勝2敗と驚異的な追い上げを見せたロッテが滑り込んだ。西武は惜しくも4位。オリックスは終盤に楽天を上回ったものの序盤の出遅れが響き5位。楽天は大久保監督がチームを立て直せず、2年連続の最下位となった。


打撃タイトル
首位打者:柳田(ソ) .363
本塁打王:中村(西) 37本
打点王:中村(西) 124打点
盗塁王:中島(日) 34盗塁
最高出塁率:柳田(ソ) .469
最多安打:秋山(西) 216本

柳田はセリーグの山田とともにトリプルスリーを達成。本塁打2位、打点3位、盗塁2位とこちらも大活躍を見せた。打率は秋山との超ハイレベルの争いを制した。惜しくも首位打者は逃した秋山だが、安打数では他を圧倒。残り2試合の時点でシーズン安打記録まで5本差があり、更新は難しいとみられていたが、その試合でまさかの5安打。記録に並ぶと、最終戦でも2本を打ち、見事日本新記録を達成した。


投手タイトル
最多勝:大谷(日) 15勝
最優秀防御率:大谷(日) 2.24
最高勝率:大谷(日) .750
最多奪三振:則本(楽) 215個
最多セーブ:サファテ(ソ) 41セーブ
最多HP:増田(西) 42HP

投手の主要3タイトルは大谷が独占。大谷は今季、打者としては目立った成績を残すことができなかったが(もちろん投手と考えればすごい)、投手としては昨年をさらに上回る成績を残し、日本ハムを引っ張った。奪三振のタイトルも獲る可能性があったが、ここでは則本が意地を見せ、2年連続のタイトルとなった。


今季はトリプルスリーやシーズン安打数新記録といった記録が誕生するシーズンだった。全体的にはやや投高打低だったと思われるが、山田、柳田、秋山といったあたりには関係なかったようだ。こういった選手たちが記録を達成しようと頑張っている姿は、他球団のファンとしても見ていて楽しかった。

レギュラーシーズンは終了し、ここからはポストシーズンの戦いとなる。残っている6チームのうち、どこが日本一に輝くのか。これからの戦いも目が離せない。

タグ:野球
posted by K at 23:20 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: