2015年10月21日

日本一奪回のキーパーソンたちの今季成績 投手編

今季の開幕前、巨人の日本一奪回のキーパーソンとして10人の名前と、今季残してほしい成績を挙げた。巨人は結局日本一どころか4連覇を逃す結果となってしまったわけだが、このキーパーソンたちは期待通りの結果を残してくれたのか、改めて成績を見てみたい。打者と投手の2回に分けて見ていくが、今回は投手編。


澤村拓一
1 50試合以上登板→○(60試合)
2 防御率2点台→◎(1.32)

今季のチームスローガン「新成」の象徴の1つであった澤村の抑え転向だったが、見事1年間その座を守りきった。開幕前からハイレベルな成績を期待されて、なおかつその期待に応えたのは今季は澤村だけだったんじゃないかと思う(菅野は勝ち運に恵まれなかったので)。ランナーこそ出すものの、同点にされることはほとんどなく、勝ちパターン3人の中では一番の安定感を見せた。


内海哲也
1 12勝→×(2勝)
2 170回→×(23回3/1)

打者で一番の誤算が阿部なら、投手で一番の誤算はこの内海だった。ケガで出遅れ、一軍初登板は6月。しかしそこで打ちこまれ二軍落ち。その後は二軍でも不安定で、結局一軍登板はわずか5試合、2勝にとどまった。続いていた規定投球回到達も9年で途切れた。新戦力が多く出てきており、来季は勝負のシーズンとなるだろう。


山口鉄也
1 60試合登板→○(60試合)
2 防御率2点台前半→×(2.73)

今季も勝ちパターンの一角を担った山口だが、昨季に続いて厳しいシーズンとなった。防御率は昨年より良くなったものの、プロ入り後ワーストとなる5敗を記録。勝っている場面から同点、逆転されるケースも目立った。それでも最終盤には調子を戻し60試合を達成したのは立派だと思う。今季は良い左投手も出てきたので、来季はもう少し負担を軽減させられれば良いと思う。


西村健太朗
1 15試合先発→×(0試合)
2 7勝→×(0勝)

澤村の抑え転向に伴って先発再転向となった西村だが、開幕は再び中継ぎに。1試合投げて二軍落ちとなった後は先発として投げていたが、新戦力が好調だったため一軍登板はなし。さらにたび重なるケガに見舞われ、9月に右ひじの手術を受けてシーズン終了となった。来季には間に合うようなので、来季は一軍に戻ってきてほしい。


宮國椋丞
1 10試合以上登板→○(39試合)
2 防御率3点台→◎(2.94)

今季予想外の活躍を見せた宮國。開幕前は先発をやるだろうと思ってこの成績を設定したのだが、シーズン始まってからは中継ぎとして登板。しかもかなりの活躍を見せた。宮國にとって飛躍のシーズンになったと思う。このまま中継ぎを続けるのか先発に戻るのか分からないが、今季の経験は大きいんじゃないだろうか。


ということで、澤村が期待通りの活躍、宮國が思っていたのとは違う方向で活躍したのに対し、内海、西村は一軍登板もほとんどないという対照的な結果となった。その他だと菅野は期待通り(だけど援護に恵まれず)、マシソンはやや期待以下、大竹は大きく期待を下回る結果となった。

それだけ期待以下の選手が多かった中で優勝争いをできたのは新戦力の頑張りが大きい。序盤はルーキーの高木勇が大活躍。中盤からは新外国人のマイコラスが覚醒し勝率1位のタイトルを獲得。同じく新外国人のポレダも規定に到達し8勝、高卒2年目の田口が12試合で先発して3勝を挙げるなど、とくに先発が充実。中継ぎでもルーキーの戸根が46試合に登板する活躍を見せた。だからこそ既存の戦力がもうちょっと頑張っていればという思いもあるが、しょうがない。

来季は今季活躍した新戦力たちがどれだけ活躍できるかがカギ。マイコラスなどは残留も決まっていないので、その動向次第では開幕前から危うくなる可能性もある。あとは今季不振だった既存戦力がもう少し頑張ればいい感じになるだろう。まあ投手陣は今季も別に悪くはなかったので、維持してくれればと思う。
タグ:巨人 野球
posted by K at 00:01 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: