2015年10月23日

プロ野球ドラフト会議2015 12球団1位指名選手&巨人全指名選手

本日、プロ野球ドラフト会議2015が行われた。各球団の1位指名は誰になったか、そして巨人は誰を指名したのか見ていきたい。


各球団1位指名(○は抽選で当たり、×は抽選で外れたことを示す)

ヤクルト   高山俊×→原樹理
巨人     桜井俊貴
阪神     高山俊○
広島     岡田明丈
中日     高橋純平×→小笠原慎之介○
横浜DeNA   今永昇太

ソフトバンク 高橋純平○
日本ハム   高橋純平×→小笠原慎之介×→上原健太
ロッテ    平沢大河○
西武     多和田真三郎
オリックス  吉田正尚
楽天     平沢大河×→オコエ瑠偉

最初の指名で巨人、広島、DeNA、西武、オリックスの交渉権が確定。中日、ソフトバンク、日本ハムと最多の3球団が競合した高橋純平の交渉権はソフトバンクが、ロッテ、楽天の2球団が競合した平沢大河の交渉権はロッテが獲得。そしてヤクルトと阪神の2球団が競合した高山俊の抽選では、当初ヤクルトの真中監督がガッツポーズをしたため、ヤクルトが交渉権を獲得したと思われたのだが、その後真中監督が勘違いしていたことが判明。金本新監督が引いたくじが当たりだったことが分かり、高山の交渉権は阪神が獲得した。

外れ1位の指名ではヤクルトと楽天が単独指名で交渉権を確定させたが、中日と日本ハムが小笠原慎之介の指名で競合。抽選の結果中日が交渉権を獲得。日本ハムが外れ外れ1位で上原健太を指名し、1巡の指名がすべて終わった。

事前に指名を公言していた球団も多かったので、スポーツ紙の予想も大体当たっていたみたいだが、ロッテと阪神の予想が難しかったようだ。ロッテの平沢指名を当てたのはスポニチだけで、阪神の高山指名は全紙外れだった(ほとんどが高橋純平指名と予想していた)。

その他注目度の高かった高校生選手は、小笠原との2枚看板で東海大相模を優勝に導いた吉田凌がオリックスの5位指名、夏の甲子園準優勝の仙台育英のエース佐藤世那がオリックスの6位指名、石川雅規2世ともいわれる秋田商の成田翔がロッテの3位指名、センバツ優勝の原動力となった敦賀気比のエース平沼翔太が日本ハムの4位指名(内野手として)、ロッテで監督を務めたこともある山本功児さんを父に持ち、夏の甲子園で3本塁打を記録した山本武白志がDeNAの育成2位指名を受けた。


さてここからは巨人が指名した選手を見ていく。新監督も決まらない中、野球賭博問題の渦中にある巨人は何人、そして誰を指名したのか。


1位 桜井俊貴(さくらい・としき) 大学生 立命館大学 投手

単独1位指名となったのが立命館大学の桜井。甲子園の経験はなし。大学2年の春からエースとなると、3年春には11試合に投げて6勝0敗、防御率0.92という成績でMVPを獲得。4年秋には6試合に投げ、防御率1.14と安定感を見せている。直球は最速150キロで、その他チェンジアップ、カーブ、スライダーを投げる右腕。即戦力で先発としての指名だろう。巨人が投手を1位指名するのは菅野以来3年ぶり。菅野のようなエースになってほしい。


2位 重信慎之助(しげのぶ・しんのすけ) 大学生 早稲田大学 外野手

早稲田大学の外野手。早稲田大学と言えば創設者は大隈重信。その名前である「重信」を苗字に持つという、名前でも注目の選手だ。173cm、67kgと小柄で、50メートルは5秒8という俊足を誇る(オコエより速い)。高校時代には早稲田実業で2年のときに甲子園出場。3試合で打率.750という大当たりを見せた。大学に入ってから外野手に転向。3年秋にはすべて単打ながら12試合で19安打、打率.404を記録。4年秋も打率.409を記録している。ちょっとパワー不足が心配ではあるが、俊足は大きな魅力。ライバルも多いがぜひレギュラー争いに割って入ってほしい。


3位 與那原大剛(よなはら・ひろたか) 高校生 普天間高校 投手

名前から分かるように、沖縄・普天間高校の投手。190cm、89kgの大型右腕。甲子園経験はないが、そのトルネード気味のフォームと、最速148キロの直球の魅力から日本ハムを除く11球団のスカウトが注目していた。巨人には沖縄出身の先輩である宮國、平良といった投手がいるので馴染みやすいのではないかと思う。


4位 宇佐美真吾(うさみ・しんご) 大学生 城西国際大学 捕手

城西国際大学の捕手。甲子園出場はなし。大学に入ってからは1年春からリーグ戦に出場し、1年秋にはいきなりベストナインを受賞。2年春にもベストナインを連続受賞する。魅力は強肩で、二塁到達1.9秒弱の送球を誇る。また打撃力もあり、3年秋には2本塁打を記録している。今年の春に顔面を骨折し春季リーグは欠場したが、秋は復帰しホームランを放っている。4位指名ということを考えると小林のライバルというよりは河野・鬼屋敷のライバルだろうか。巨人の捕手は現状小林が1番手、相川・實松・加藤のベテラントリオが2番手争いをしているので、宇佐美・河野・鬼屋敷の3人が競い合ってこの2番手争いに食い込んでほしいところだ。


5位 山本泰寛(やまもと・やすひろ) 大学生 慶応義塾大学 内野手

慶応大学の内野手。甲子園出場はなし。大学では2年春からレギュラーに定着。打率は高くないものの、一番の売りであるショートの守備を活かして戦力に。またパンチ力もあり、4年秋には3ホームランを放っている。巨人には坂本という絶対的なショートがいるがどうするのだろうか。あくまでショートで挑戦するのか、どこかにコンバートするのか。ちなみにイケメンらしい。


6位 巽大介(たつみ・だいすけ) 高校生 岩倉高校 投手

東京・岩倉高校の投手。甲子園出場経験はないが、最速143キロの直球と切れのあるスライダーで注目されている左腕。高卒左腕ということでまあ時間はかかりそうだが、じっくり育ててほしいところ。


7位 中川皓太(なかがわ・こうた) 大学生 東海大学 投手

東海大学の投手。甲子園出場はなし。大学では1年春から出場機会を得るが、頭角を現すのは3年春。ここで防御率リーグ7位となると、4年春には6勝0敗、防御率0.70で最優秀投手となる。4年秋にも7試合に投げて防御率0.85の成績を残している。巽と同じく左腕だが、こちらは大学生ということで1年目から1軍登板を目指してほしい。


8位 松崎啄也(まつざき・たくや) 社会人 日本製紙石巻 内野手

今回のドラフト唯一の社会人。内野手として指名されているが、チームの選手紹介のところでは捕手となっている。作新学院の高校時代に正捕手として甲子園に出場。本人は3安打したものの初戦敗退している。あんまり詳しい情報が無いが、日本製紙石巻では一塁手として出場し、主砲として活躍しているらしい。阿部みたいなものと思えばいいのだろうか。今の巨人に一番足りないのは長打なので、それを期待できそうな選手だ。


ということで、支配下選手は8人を指名。昨年が4人だったので倍となる。まあこれは野球賭博の影響もあるのだろう。普通に考えると関わっていた3人は解雇されると思うので、その分多めに取ったものと思われる。また巨人に必要なのはどちらかというと野手だと思うのだが、3人がいずれも投手なので投手も取らざるを得なかったのが、こういうドラフトになったんじゃないかと思われる。

ドラフトの情報には疎いので、正直なところ桜井を含めて誰も知らなかったのだが、今の知名度は関係ない。ここから1人でも多く1軍の戦力になってくれることを願う。ちなみにここ数年の巨人のドラフトは、当たりが数人いるか、大当たりが1人いるという状況になっている。昨年の指名組は高木・戸根が1年目から結果を出し、岡本も1軍出場を果たすなど非常に順調。この8人にも期待したい。


さらに、巨人は育成ドラフトでも8人を指名した。

1位 増田大輝 徳島インディゴソックス 内野手
2位 小林大誠 武蔵ヒートベアーズ 捕手
3位 松澤裕介 香川オリーブガイナーズ 外野手
4位 田島洸成 武蔵ヒートベアーズ 内野手
5位 大竹秀義 武蔵ヒートベアーズ 投手
6位 山下篤郎 鎮西高校 投手
7位 矢島陽平 武蔵ヒートベアーズ 投手
8位 長谷川潤 石川ミリオンスターズ 投手

こちらは8人中7人が独立リーグからの指名。とくに武蔵ヒートベアーズからは一挙4人を指名した。育成を多く指名したのは今日発表された3軍を作るためだろう。高校生とかは育成指名だと拒否するケースもあるが、独立リーグの選手たちは基本的にNPBを目指してプレーしているので拒否されないと考えての指名ではないかと思う。巨人は最近は育成からのスターが出てきていないので、まずは支配下を目指して頑張ってほしい。

posted by K at 01:25 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: