2015年10月27日

2015日本シリーズ第3戦

【第3戦】神宮球場
ヤクルト(0勝)8―4ソフトバンク(2勝)

舞台を神宮に移しての第3戦。先発はヤクルトが杉浦、ソフトバンクが中田。初回、山田の2ランでヤクルトがこのシリーズ初めて先制する。しかしその直後、杉浦のワイルドピッチと福田のタイムリーで同点に。3回、またも山田のホームランでヤクルトが勝ち越すが、4回、今宮のホームランでまたも同点。さらに5回には明石にもホームランが出て、ソフトバンクがこの試合初めてリードする。しかしその裏、三度山田が、今度は逆転2ラン。ヤクルトがまたも勝ち越す。そして8回には、畠山のホームランと中村の2点タイムリーでヤクルトが3点を追加。鉄壁の中継ぎ陣で逃げ切ったヤクルトがシリーズ初勝利を挙げた。

ついに山田が目覚めたヤクルト。日本シリーズでの3打席連続ホームランは長嶋茂雄さん以来45年ぶり。長嶋さんは2試合にまたがっての記録であり、1試合3ホームランは日本シリーズ史上初となる。3打席目はちょっと鳥肌立った。また中継ぎ陣もソフトバンクの強力打線をよく抑えた。一方で心配なのは、3試合連続で5回を投げ切れていない先発陣と、山田・畠山以外の打撃陣。とくに打撃陣はいまだにチーム打率.165。あと3人くらいがシーズン通りの打撃に戻らないと厳しいだろう。

ポストシーズン初黒星となったソフトバンクは投手陣が崩れた。先発の中田は今後出番があるか微妙なのでまだしも、千賀と五十嵐が打たれたのはちょっと痛いか。打撃陣では柳田の不調が続く。柳田は3番で、その前もその後も好調なので柳田が復調すれば一気に打線がつながりそうだが、さすがにヤクルト投手陣のマークもきついのだろう。

これでヤクルトが1勝2敗と1つ返した。だが、依然ソフトバンクが有利な状況は変わらない。ヤクルトは神宮での残り2戦も勝って福岡へ行きたいところだ。明日の予想先発はヤクルトが館山、ソフトバンクが攝津。

posted by K at 23:34 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: