2015年10月28日

2015日本シリーズ第4戦

【第4戦】神宮球場
ヤクルト(1勝)4-6ソフトバンク(2勝)

ソフトバンクの2勝1敗で迎えた第4戦。先発はヤクルトが館山、ソフトバンクが攝津。初回、李大浩のタイムリーでソフトバンクが先制する。3回には李大浩の3点タイムリー、細川のタイムリーで4点を追加し、5-0とする。今日負けると後が無くなるヤクルトは4回、中村のタイムリーで1点を返す。しかし6回、細川のホームランでソフトバンクが1点を追加し、再び5点差に。その裏、ヤクルトは上田の2点タイムリー、川端の内野ゴロの間に1点で計3点を返し、2点差とする。しかし、その後はソフトバンクのリリーフ陣の前に得点を挙げることができず試合終了。ソフトバンクが3勝目となり、日本シリーズ連覇についに王手をかけた。

昨日敗れたソフトバンクだったが、今日は序盤に大量リードを奪った。このシリーズはレギュラーシーズンに4番だった内川が骨折で不在なのだが、代わりに4番に入った李大浩が大活躍している。今日を含めて6打点、打率は5割を超えている。このまま日本一になったらシリーズMVPの最有力候補だろう。また、昨日一発を浴びた千賀を含めて、今日はリリーフ陣が見事に抑えた。昨日の負けをまったく引きずっていない。やはり強い。

連勝といきたかったヤクルトは館山が試合を作れなかった。ヤクルトにとって、ここまで先発が全員5回を投げ切れずに降板しているというのは大きな誤算だろう。リリーフ陣は早いイニングから投げつつも頑張っているが、ここまではリリーフ陣が登板した時点でもう手遅れという状況になってしまっている。打線は神宮に戻って少しずつ良くなっているので、あとは先発だけだ。

ついにソフトバンクが王手をかけた。日本シリーズ連覇というのはしばらく無くて、最後に連覇をしたのは1990年から92年にかけて3連覇をした西武。ソフトバンクが連覇をすれば、南海ホークス時代から通じて球団史上初となる。敵地神宮で決めるのか。明日の予想先発はソフトバンクがスタンリッジ、ヤクルトは中4日で石川か。

posted by K at 23:47 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: