2015年10月29日

2015日本シリーズ第5戦

【第5戦】神宮球場
ヤクルト(1勝)0-5ソフトバンク(3勝)

ソフトバンクが王手をかけて迎えた第5戦。先発はソフトバンクがスタンリッジ、ヤクルトが石川。4回、李大浩の2ランでソフトバンクが先制。5回には明石のタイムリーと柳田の内野ゴロの間に2点を追加、4-0とする。もう負けられないヤクルトは反撃したいが、スタンリッジ、さらに中継ぎの森、バリオスの前に連打が出ない。逆に9回、ソフトバンクが柳田のタイムリーでダメ押しの5点目を挙げる。最後は絶対的守護神のサファテが締めゲームセット。ソフトバンクが球団史上初の日本シリーズ連覇を達成した。

ソフトバンクは本当に強かった。今日も上位打線が出塁し、中軸が返すという理想的な攻撃で得点を重ね、先発が試合を作って強力なリリーフ陣が締めた。シーズンの最後までまったく隙がなかった。これをキャプテンで4番だった内川を欠いた状況で成し遂げたというのがとんでもないと思う。

ヤクルトは最後までレギュラーシーズンの調子を取り戻せなかった。結局先発は誰も5回を投げ切れず、チーム打率は.182にとどまった。特に優勝の原動力となった打線の不振は大きかった。ソフトバンクの投手陣が良かったのももちろんあるが、ヤクルトは久しぶりの日本シリーズで、こういう大舞台に慣れている選手がいなかったのも原因だろうか。とにかく実力を出し切れずに終わってしまったのは残念だった。

MVPは今日もホームランを打ち、打率5割、8打点となった李大浩。優秀選手賞はいずれもソフトバンクの明石、武田、バンデンハーク。敢闘選手賞はヤクルトの山田が受賞した。

今年のプロ野球もこれで終わり。今年はソフトバンクが終始圧倒した1年だったが、これからソフトバンクの黄金時代となるのだろうか。ソフトバンクは若い選手も多いのでその可能性は高いと思うが、絶対ではないと思う。2009年、巨人は今年のソフトバンクとほぼ同じ89勝を挙げてリーグ優勝、日本一となったが、翌年はリーグ3位で日本シリーズにも出られなかった。何が起きるかは分からないので、来年は他の11球団の意地を見たい。

これからはストーブリーグが始まる。今年はFAする選手があまり多くなさそうなのだが、その分宣言した選手は争奪戦になる可能性が高いだろう。また戦力外選手が他球団で翌年活躍することも多く、誰がどのチームに拾われるかも注目だ。

ということで、選手の皆様、監督コーチの皆様、1年間お疲れさまでした。

posted by K at 23:52 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: