2016年01月06日

岩田華怜が卒業を発表

AKB48の岩田華怜が卒業を発表した。

本人によると、何かきっかけがあったわけではなくずっと考えていて、一歩踏み出すタイミングをうかかがっていたとのこと。また、卒業後は芝居の勉強に専念するとのこと。

年明け早々非常にびっくりした。たしかに年齢としては17歳で、4月から高3。そろそろ進路を考える時期ではあるものの、華怜は間違いなく芸能界で生きていく人間だと思っていたので、ずっとAKBでやっていくと思っていたのだが、逆に芸能界で、というか役者として生きていくために卒業するということか。

華怜はかなり早くから注目されたメンバーだった。2011年に12期として合格したが、その直前に東日本大震災があり、仙台出身の華怜も被災。実際に震災を経験したメンバーとして注目された。さらにその年にアニメ『AKB0048』のオーディションにも合格し、知名度を上げた。翌年には12期最速(田野ちゃん、朱里と同時)で正規メンバー昇格、さらに「真夏のSounds good!」で初選抜など非常に順調にステップアップしていった。選挙では圏外が続いたものの実力は確かで、歌もダンスもハイレベルなメンバーの1人だった。そのため、ミュージカルにも出始めていた。

卒業後は芝居の勉強に専念するということだが、芝居の勉強っていってもいろいろあるからなあ。そういう学校に入ることもあるし、劇団に入るっていうのもあると思うし。でも華怜の言い方からすると芸能活動はずっと続けるというように思えるし、単純にアイドル活動を辞めるだけと考えていいのかなと思う。演技力もある方だと思うし、ちゃんとどこかの事務所に入れるといいんだけど。

華怜は12期で、12期は実は一番長く卒業者が出ていない期だったのだが、3年以上ぶりに卒業者が出ることになった。それでももうすぐ合格から5年経つのに卒業者が華怜で3人目というのはみんなよく頑張っていると思う。さすが個性派集団。

チームAからは昨年末に卒業したにっすぃーに続いての卒業。Aもちょっと人数がギリギリになってきた感はある。ところで華怜はきっかけは無いと言っていたが、そろそろ新公演の初日出演メンバーもメンバーには発表されているころだと思うし、もしかして初日メンバーに入れなかったのかな、とも少し思った。数えていくと華怜はボーダーラインくらいにいるし。まあ推測でしかないのだが。

卒業日は未定とのこと。個人的には新公演が始まってから、チームAの公演で卒業してほしいなと思う。

posted by K at 23:51 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: