2016年01月09日

御嶽海の達成度チェックシート&初場所初日・2日目の対戦相手決定

明日から初場所が始まるのでその前に、今後御嶽海に達成してほしいことを考えた。


【勝ち星編】
1.9勝する
2.10勝する
3.11勝する
4.12勝する
5.13勝する
6.14勝する
7.15勝する

これは当然幕内での話。先場所8勝したので、まずは9勝が目標となる。今年のうちにはとりあえず10勝はしてほしいなと思う。番付は関係ないので、下位なら大勝ちも十分あり得ると思う。


【対戦編】
1.小結と対戦する
2.関脇と対戦する
3.大関と対戦する
4.横綱と対戦する

通常、三役以上の力士と対戦するにはそれなりの位置まで番付を上げる必要がある。特に現在は横綱が3人、大関が4人もいるため、横綱や大関と対戦するにはかなり上の方までいかなければいけない。実際、先場所は千秋楽まで上位の休場者がいなかったため、白鵬や鶴竜の対戦相手では東3枚目の豊ノ島が一番番付の低い力士だった。なので、基本的にはこの位置まで上げることが条件となるが、場合によっては下位でも組まれることがある。大勝ちしていたり、上位に途中休場者が出たりすると割が変更され、普通は当たらない番付の力士と当たることがある。実際先場所、小結の栃ノ心は西7枚目の旭秀鵬と当たっている。御嶽海にはできれば今年中にすべて達成してほしいところ。下位での大勝ちでも上位に上がる可能性はあるので。


【勝利編】
1.小結に勝利する
2.関脇に勝利する
3.大関に勝利する
4.横綱に勝利する

対戦は番付が上がれば確実に組まれるものだが、勝つとなると話は別。とくに横綱に勝つのは当然至難の業であり、長く幕内を務めていても一度も勝ったことのない力士も多い。たとえば上位に定着しつつある勢などもまだ横綱に勝ったことはない。なので、御嶽海にとってもこれは非常に大変で、今年中では小結に勝てれば上々ではないかと思う。


【昇進・陥落編】
1.十両に落ちない
2.小結に昇進する
3.関脇に昇進する
4.大関に昇進する
5.横綱に昇進する

一応、今年中に横綱に昇進する可能性も無いわけではない。今年のすべての場所で全勝優勝すれば横綱に上がれるはずだが、まあ考えなくていいだろう。十両に落ちないというのも簡単なことではない。幕内中位にいても大負けしてしまえば一気に落ちる可能性もある。実際佐田の富士は先場所、西9枚目にいながら4勝11敗という成績で今場所十両に落ちてしまった。御嶽海も油断はできない。三役昇進というのも非常に大変で、これはまず自分が上がれる成績を残していても、小結・関脇が勝ち越していたら上がれない。過去には西筆頭で9勝6敗の成績でも上がれなかった力士もいた。期待の遠藤などもまだ三役経験はない。今年中に小結に昇進したら、年末には期待の若手力士の筆頭になっていてもおかしくないだろう。


【その他編】
1.休場をしない
2.三賞を受賞する
3.優勝する
4.ローカルCMに出演する
5.全国CMに出演する

休場しないというのは力士にもよるが結構大変。御嶽海は今のところ、ケガの情報はたまにあるものの休場するほどの大事には至ってないという感じ。せめて、2場所にまたがるような大ケガだけは避けてほしいと思う。三賞は殊勲賞、敢闘賞、技能賞とあるが、取りやすいのは敢闘賞。これは下位でも場所を盛り上げるような活躍を見せれば受賞でき、先場所は西10枚目で12勝を上げた松鳳山が受賞している。殊勲賞は横綱や優勝力士を破る必要があるので厳しい。技能賞はいまいち基準が分かりにくいが、御嶽海のような突き押しの力士でももらえることはあるので基本の突き押しを磨いてほしい。優勝はまあ期待していないが、10日目くらいまで争いに入っているようなことがあればいいなと思う。長野県のローカルCMはたぶん年末には3本くらい出てるんじゃないかと思う。全国のCMはよっぽどの人気が無いとなので、大活躍を期待したい。


個人的に今年中に達成してほしいのは、
【勝ち星】11勝
【対戦】横綱
【勝利】小結
【昇進】前頭上位
【その他】休場なし・三賞・ローカルCM
このあたり。だいたい遠藤の幕内7場所目くらいまでを参考にした。でも一番大事なのはケガなくやること。1年間無事に相撲を取りきってほしいと思う。


さて、御嶽海の初場所、初日は千代鳳、2日目は遠藤との取組が組まれた。千代鳳はすでに2度対戦している相手なので詳しい説明は省略。まだ勝ったことのない相手だが、3度目の正直ということでそろそろ勝ちたい。御嶽海としては同学年で今後も何度も対戦する可能性が高いので、苦手にはしたくない。そして2日目はついに遠藤との一番となった。遠藤は現在25歳。御嶽海と同じくアマチュア相撲で2冠に輝き、幕下10枚目格付出しでデビュー。幕下を2場所で通過すると、新十両の場所で14勝1敗の好成績で優勝。史上最速となる所要3場所での新入幕となった。新入幕の場所でも9勝と勝ち越すと、幕内3場所目には11勝を上げ敢闘賞、5場所目には鶴竜を破って初金星を挙げるなど非常に順調に階段を上がっていったが、昨年の春場所で大ケガをしてからはなかなか調子が上がらず、先場所は4勝11敗と大敗し、今場所は東11枚目まで番付を落とした。そのため、今場所は御嶽海の方が番付が上となっている。遠藤の取り口はまわしを取っての四つ相撲で、まわしが取れないと強さを発揮できないということでまさに御嶽海とは真逆。どちらが自分の相撲を取れるかということになりそうだ。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:59 | Comment(2) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけまして おめでとうございますます🎍 Kさんにとって良い一年となりますように(•ө•)

あら、佐田の富士おっちゃいましたか!?9枚でも11敗すると落ちるんですね。。厳しい世界ですね。
また、2度3度読ませていただき、初日を堪能したいと思います!
私もローカルCM期待してます。
御嶽海関は今まで3つの化粧廻しを持っていましたが、(うろ覚えですが、東洋大学、出羽海部屋後援会、出羽海の親方を後押しする会?の3つ)年始に新しく長野県か木曽郡の JAから贈呈されてて、なんか、早稲田大学を思わせる 色あいでした。
なので、JAのCMで、『長野の野菜は新鮮で美味しい!モグモグ(^o^)/*
』とか どうでしょうか(*☻-☻*)


いつもありがとうございます☆
Posted by tssj at 2016年01月10日 01:17
>tssjさん
あけましておめでとうございます。そしてコメントありがとうございます。

番付は周りの力士との兼ね合いになるので運もあるのですが、今回は十両からの昇進候補が多かったので佐田の富士が落ちてしまった形ですね。御嶽海は来場所も幕内を維持するには5勝はしたいところです。

食べるCMは向いているかもしれないですね。人柄も良さそうな感じなのでいろんな地元企業からオファーがあるんじゃないかと思っています。
Posted by K at 2016年01月10日 11:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: