2016年02月27日

ドラマ『ひぐらしのなく頃に』の主要キャストに選ばれるNGT48メンバーが決定

5月にBSスカパー!で放送される連続ドラマ『ひぐらしのなく頃に』。その主要キャストをNGT48メンバーからオーディションで選ぶことがNGT48の初日公演で発表されてからおよそ1ヶ月半。本日、その結果が発表された。


竜宮レナ役:加藤美南
園崎魅音・詩音役(2役):中井りか
北条沙都子役:清司麗菜
古手梨花役:本間日陽

追加キャスト
鷹野三四役:北原里英
謎の少女役:高倉萌香

主要キャストと呼ばれるのは上の4人。その他に追加キャストとして下の2人が呼ばれた。

れいにゃー以外はNGTの中心メンバーとして活躍しているメンバーたちばかりで、出来レースという声が出るのも無理のない結果になっている。ただ、稽古風景の動画も見たけど、演技経験も豊富なきたりえを除くと、演技力にそう差はないように感じた。演技力に差が無いのなら現状の人気で選ぶというのもしょうがないことなのではないかと思う。多くの人に見てもらうには人気のある子を選ぶというのも1つだし、NGTはNGTでまだ個人の知名度は皆無に等しく、まず人気の出そうな子を売り出すのは大事な戦略だと思うので。

断っておくが選ばれたメンバーを下手だと言っているわけではない。稽古の動画を見て「まずまずだな」と思った子と「ちょっと下手だな」と思った子がいるけど、主要キャストの4人は前者だった。ドラマの制作側もある程度下手であることは承知でこの企画を通したはずで、4人は制作側が考える最低限の演技力は持っていたんだと思う。

それでおかっぱに関しては正直下手だなと思ったのだが、作品の概要を見る限り作品の雰囲気にはよく合っていて、それで選ばれたのかなと思う。ただ主要キャストにするには演技力が…ということで追加キャストにしたのかなと。勝手な想像だけど。

実は原作は名前しか知らないので今回ちょっと調べてみたのだが、主人公は前原圭一という少年で、メンバーたちはそのクラスメイトを演じるのだが、レナが圭一の同級生、魅音と詩音が上級生、沙都子と梨花が下級生らしい。選ばれたメンバーたちの年齢もかとみなを真ん中に上と下に分かれているので、そのへんも考慮されたのかなと思う。きたりえが主要キャストではなく追加キャストに入ったのもそのへんの事情があるのだと思う。

また、このドラマに先駆けて放送される事前番組のメインMCとして大滝友梨亜が選ばれた。アニメ好きである大滝はこの『ひぐらし』も元からよく知っていて(『ひぐらし』の原作はコンピューターゲームだけど)、作品への愛もかなりあったようなのでこれは良かった。

選ばれなかったメンバーは残念だったが、主要キャストでなくても色々な配役でメンバーが登場予定と公式サイトにも書いてあるので、それをまた次のチャンスにつなげるように頑張ってほしいと思う。あと研究生は、主要キャストがドラマの撮影によって公演に出られなくなる可能性があるため、公演出演のチャンスは増えそうなのでそっちのチャンスも活かしてほしいところ。

今年も総選挙があるとすれば、BSスカパー!とはいえ5月スタートのドラマに出るのは多少の追い風になるはずで、メンバーたちにとってチャンスであるのは間違いない。一方で『ひぐらしのなく頃に』というのはファンも多い作品なので、原作のファンから叩かれるおそれもある。それでも絶対に大きな経験になるはずなので、選ばれたメンバーには選ばれなかったメンバーの分まで頑張ってほしいと思う。

posted by K at 23:00 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: