2016年03月08日

巨人・高木京介が野球賭博に関与

巨人は今日、高木京介投手が野球賭博に関与していたと発表。野球賭博に関与したのが発覚したのは4人目となった。高木は謹慎処分となり、巨人は責任を取って渡辺恒雄最高顧問、白石興二郎オーナー、桃井恒和球団会長が辞任することも発表した。

今年に入ってまだ野球の記事を書いてなくて、そろそろ書こうかなーと思っていたらとんでもないニュースが入ってきてしまった。これを今年最初の巨人の記事にしなければいけないのが残念でならない。

今回の発覚はもしかしたら前回よりもたちが悪いかもしれない。まず、高木は2014年に野球賭博をしたとのことだが、高木はその年も1軍で26試合に登板している。八百長は確認されていないとのことだが、あくまで確認されていないだけでやっていないとは言われていない。今後の調査で最悪の事態に発展する可能性も残っている。

そしてもう1つ、これがよりたちが悪いが、今発覚したということ。巨人は最初に発覚した時にチームの関係者に聞き取り調査をしていたので、高木はその際、事実を言わずに隠していたことになる。今回は週刊文春から球団に連絡があったらしいが、それが無かったらこのまま隠すつもりだったわけで、あるいは3人よりも罪は重いかもしれない。現状は謹慎だが、失格処分は免れないだろう。

そして、前回の聞き取り調査でこの高木の野球賭博関与を見つけ出すことができなかった球団の調査方法にも問題があったということになる。文春からそういう取材があったということは、文春はある程度の確証があったわけだから、巨人の調査は部外者である週刊誌にも及ばないものだったということになる。経営陣の辞任もやむを得ないと思う。こうなると、高木で最後なのかという心配ごとも出てくる。もし今、何か隠し事をしている選手がいるならば正直に名乗り出てほしいと思う。

最初の発覚から5ヶ月経って、ようやくここから立て直していこうというところでのこれで、正直立ち直るのに時間がかかりそう。ただ、辛うじてシーズンが開幕する前だったのは良かったのかなと思う。時間は少ないが、完全に解明してから開幕を迎えられればと思う。

posted by K at 23:35 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: