2016年03月30日

2016.03.30 巨人3-6DeNA

先制は今日も巨人。4回、立岡の2試合連続となるソロホームランで1点を取ると、さらにギャレットが3試合連続のホームラン。この回2点を挙げる。さらに5回には、先発・桜井が自ら犠牲フライを放ちプロ初打点。リードを3点に広げる。プロ初先発の桜井は4回までランナーを出しつつも無失点に抑え、初勝利の権利を懸けた5回のマウンドへ。しかし、荒波の2点タイムリー、ロマックへの押し出し死球で同点とされ降板。この回は不運な当たりやエラーに近いヒットなどが重なり、桜井にとって不運な形となった。さらに2番手の戸根が宮崎に押し出し死球を与えDeNAが勝ち越す。7回には1アウト2,3塁から、セカンドへの当たりをクルーズがホームに送球するも間に合わずセーフに。さらに続くバッターのところでDeNAがダブルスチールを仕掛けこれが成功、もう1点を追加する。巨人は反撃できず、連勝ストップ。桜井、そして由伸監督にとって初黒星となった。

先発の桜井は5回途中4失点。プロ初登板は勝利目前から一転、負け投手となってしまった。しかし、今日は巨人のエラーは0になっているが、エラーと言ってもいいようなヒットが5回に重なってしまった。これを桜井の自責点にカウントしてしまうのはちょっと可哀想だし、負けがついたのも残念。ただ、桜井のピッチングも4回までは無失点だったが結構危なっかしいところもあったので、このまま一軍でやっていけるかはもう1試合様子見といったところだろうか。

中継ぎ陣は今日も失点。今村と土田が今季初登板で、土田は無失点だったが今村が2失点を喫した。今日の投手関係でよかったと言えるのは土田と、あとは澤村と山口が休めて良かった、くらいか。

野手は5安打だった打撃もだが、守備で桜井の足を引っ張ってしまった。これで投げてるのが菅野だったら、味方のエラーもカバーしないとということになるのだが、プロ初登板のルーキーの、初勝利がかかったイニングであれはいけなかった。しっかり反省してほしい。クルーズのフィルダースチョイスになった場面では、今年から改正されたコリジョンルールがカギとなった。コリジョン(Collision)は「衝突」という意味で、ホームでの走者と捕手の危険な接触を避けるために設けられたルールである。このルールによって捕手はブロックと走路の妨害を禁じられたため、今日の場面でも追いタッチのような形になり、セーフとなった。今後は野手のホームへの送球の正確性と、捕手の捕球とタッチの技術力の向上が必須になりそうだ。逆に攻撃側としては、より大胆に走者をホームへ突っ込ませることができるようになりそうだ。点は入りやすくなるか。

全勝なんてできるとは思っていないが、今日の負けはちょっと嫌な負けだった。なんとか切り替えていきたい。明日の先発は巨人が菅野、DeNAが砂田。菅野中5日は後半戦まではないと思っていたのだが、大丈夫なのだろうか。中5日でいくなら100球で降ろすとか、ちゃんと制限した方がいいと思うのだが。菅野は前の試合では7回無失点に抑えており、調子は悪くないはずなので、嫌な流れを止めるピッチングをしてほしい。対する砂田は今季初登板。昨年はプロ初勝利を挙げるなど3勝。そのうちの1勝は巨人から挙げている。打線はホームランは出ているがつながりもほしいところ。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 22:54 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: