2016年04月05日

2016.04.05 巨人2-8阪神

初回、福留のタイムリーで阪神が先制。しかしその裏、巨人はギャレットのタイムリーですぐさま同点に追いつく。3回、阪神は横田のタイムリー内野安打、福留の犠牲フライ、さらに変速のダブルスチールが決まって阪神が3点を勝ち越す。6回には西岡のタイムリー、ポレダのボーク、高山の2点タイムリーで阪神がさらに4点を追加、8-1と大量リードを作る。巨人は7回、堂上のホームランで1点を返すが、差はあまりにも大きく、阪神が快勝を収めた。

先発のポレダは6回8失点。どうもリズムが悪かったような気がする。四球だったりボークだったり、あるいはダブルスチールを決められてしまったり(これは小林のせいもあるかもしれないが)、打たれたというより自滅してしまったという印象の方が強い。

それにしても、阪神の高山はすごいな。今日は4安打2打点。セリーグ唯一のドラ1野手だが、久々の野手での新人王に向けて良いスタートを切っている。

打線は藤浪を打ち崩せず。8回は満塁のチャンスでギャレットが三振に倒れたが、いちばん頼れる打者にチャンスで回しての結果なのでしょうがない。それはもう藤浪が上回ったとしか言いようがない。ちょっと心配なのは、上位打線しか打てていないこと。1番から4番までが全員3割を超えているのに対して、5番以降が2割台前半しか打てていない。序盤好調だったクルーズも徐々に打てなくなってきており、4番までで点を取らなければいけないような状況になってきている。

4カード目にして初めて初戦を落とす結果となった。なるべくホームでの負け越しは避けたいところだが、まず3連敗だけは避けるために明日は絶対勝ちたいところ。明日の先発は巨人が菅野、阪神が岩田。菅野は連続の中5日。前回は筒香に痛恨の一発を浴びて勝ちを逃した。球数もかさんでしまっているので、明日はサクッといきたい。対する岩田は今季2試合目の登板。前回は6回途中7失点で降板している。今日打てなかった打線だが切り替えて打つことができるか。

タグ:巨人 野球 阪神
posted by K at 22:15 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: