2016年04月07日

2016.04.07 巨人1-10阪神

プロ初先発となった巨人の平良は、4者連続三振を奪うなど立ち上がりの3回までを無失点に抑える上々の滑り出しを見せる。しかし4回、福留の2ランで阪神に先制を許すと、四球などでランナーをためピッチャーのメッセンジャーに2点タイムリーを打たれ、ここで降板。火がついた阪神打線は5回、ゴメスのタイムリー、鳥谷の犠牲フライ、岡崎の2点タイムリー2ベース、さらにピッチャー土田の暴投で計5点を追加、9-0と大量リードを奪う。巨人は6回にクルーズのタイムリーで1点を返すが、反撃はそれだけ。9回に江越にもホームランを打たれ、巨人は大敗で今季初のカード負け越しとなった。

先発の平良は4回途中4失点。おそらく本人にとっては悔しいデビューとなっただろう。3回までは1安打に抑える快調なピッチングだったのだが、やはり1軍の打線というのはそう甘くないか。あとはやはり四球を出してしまったのが痛かった。それでも一軍を経験したというのは大きいし、今後二軍に落ちるのかもう1回チャンスがあるのか分からないが、次に投げるときはもっと長くマウンドに立っていられるよう、頑張ってほしい。

平良は初登板なのである程度覚悟はしていたが、個人的にはここまで0で抑えていた土田が打たれたのがショックが大きい。これでここまで失点していない中継ぎは小山だけになった。その小山だってそもそもは先発要員のはずなので、中継ぎ陣はどうにかしないといけない。山口、澤村が勝ちパターンなのはおそらく変わらないが、その2人につなげる投手が1人ほしい。マシソンなのかと思っていたが今日投げたし、誰に任せるんだろうか。

打線はメッセンジャーを打ち崩せず。チャンスは結構あったのだがなかなか点を奪えなかった。そんな中でしばらくヒットが出ていなかったクルーズに1本出たのは良かった。

金本阪神との初対戦は負け越しとなった。やはり優勝を争う強敵となってきそうだ。ただ、連敗をしなかったのは良かったと思う。

明日からは5カード目、ナゴヤドームで中日戦。これでセリーグの球団と1巡する。中日はここまで6勝5敗1分で3位タイとなっている。中日で話題になっているのはとにかく新外国人のビシエド。昨日までの時点での打率.425、4本塁打はいずれもリーグトップと力を存分に発揮している。また5年目の高橋周平もここまで3割を超える打率に加え、逆転満塁ホームランを打つ長打力・勝負強さもあり警戒が必要だ。巨人の先発は、桜井抹消以降入れ替わってないので先週と同じ高木・田口・今村が濃厚だろうか。

明日の先発は巨人が高木、中日が大野。高木は昨年の中日戦は5試合投げて2勝2敗、防御率3.69とやや苦手にしていた。ナゴヤドームではより防御率が悪くなっているが、今季は苦手を克服できるか。対する大野は今季の開幕投手。ここまでは1勝1敗、防御率3.07。大野は昨年11勝を挙げた中日のエースだが、巨人戦は5試合投げて0勝3敗、防御率4.33と苦手にしていた。この相性の良さを活かしたい。

タグ:巨人 野球 阪神
posted by K at 22:02 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: