2016年04月13日

渡辺美優紀が卒業を発表&山本彩がAKBとの兼任解除

本日おこなわれたNMB48の劇場公演で、渡辺美優紀が卒業を発表した。また、山本彩がAKBとの兼任解除の申し出をして受諾され、今後はNMB専任になることも本人から発表された。

みるきーに関しては今年の総選挙の不出馬を宣言、さらに5月の握手会について「そこまでここにはいないと思う」と発言したため、卒業が噂されていた(スポーツ新聞でも報道された)が、その後しばらく何もなかったのでどうなったんだろうと思っていたところでの卒業発表。なので多くの人は覚悟はできていたと思う。

本人によると卒業を決めたのは昨年の12月ごろで、次世代と呼ばれるメンバーにNMBを任せたいと、また凪咲と柊のWセンターのチームB2を見ていきたいと思ったとのこと。卒業の日程などは未定だが、みるきーほどのメンバーなら卒業コンサートとかもしっかりやるだろうし、5月の握手会はまだいそうな気もする。あと気になるのが卒業後の活動で、本人も何も言わなかったが何をするのかは気になる。芸能界を辞めるってことはないと思うんだけど、歌手も女優も個人的にはいまいちピンとこない。今後は何するんだろう。

そしてさや姉の方はちょっと予想外だったが、NMBのために何かしたいということで、みるきー卒業のタイミングでっていうのは自然な流れだと思う。SKEで玲奈の卒業後に珠理奈が兼任解除したのとだいたい同じ。なので珠理奈と同じく、兼任解除がすぐ卒業につながるということはないと思う。そして珠理奈と同じく、兼任解除によって変わるのは劇場公演やチーム曲、単独コンサートに参加しなくなることと、じゃんけん大会で予備戦から出ることになるくらいで、あとは選抜にも参加するだろうし、握手会は元から全グループ参加なのでそんなに変わらないのではないかと思われる。

SKEに続いてNMBもWエースの1人が卒業ということになったが、それは新しいNMBが見られるということでもあるし、これからNMBがどうなっていくのか楽しみだ。

posted by K at 23:19 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: