2016年05月06日

NGT48応援日記 Vol.007

・「佐渡へ渡る」前の映像が角監督×劇団おぎゆか作品に代わる
現在、アンコールの1曲目で披露されている「佐渡へ渡る」。この曲ではメンバーが出てくる前に、LEDのパネルに映像が流れるのだが、5月3日の夜公演から、その映像が劇団おぎゆかと角監督によるスペシャル映像に代わった。







もふちゃん(村雲颯香)やあやにゃん(宮島亜弥)って劇団員だったっけ、とか、トキもふのクオリティが妙に高いとか、トキゆかだけ目が充血してるのかな?とか相変わらずツッコミどころ満載。肝心の映像に関しては、角ちゃん(角ゆりあ)がやってるからなのか、それとも大人がかかわってるからなのか、普段の劇団おぎゆかよりもクオリティは高めだったと思う。「佐渡へ渡る」は特別にやっている曲で、「パジャドラ」公演でも引き続きやるかは不明なので、見たい人は生の公演やDMMで今のうちに。


・『SHR』第16回の感想
メンバーは前回と変わらず、アヤカニ(太野彩香)、りったん(菅原りこ)、れなぽん(長谷川玲奈)。新潟に関するクイズをやったら新潟出身じゃないアヤカニがいちばん成績いいという結果に。番組中にガチで胎内市や聖籠町に行く予定を立て出すアヤカニとか、答えが出てから自分の答えを書きかえるりったんとか、プロレス好きが発覚してさらにおっさん化したれなぽんとかいろいろと面白かった。それにしてもみんなジャイアント馬場さんを知ってるのが驚いた。りったんとかれなぽんが生まれる前に亡くなってるんだけど、やっぱり新潟出身だからか。


・『ラジあく』第31回の感想
メンバーはれなぽん、あゆたろう(中村歩加)、あやにゃん。わりとバランスが良かったけど、れなぽんが目立ってたかなー。誤字脱字キャラが公共の電波に乗って、ラジオでも「好奇心旺盛」を「こうしきせんおうへん」と言うなど、「ゴジラ松井」ならぬ「誤字ラ長谷川」っぷりが全開。さらにもじゃさんをいじりまくった挙句に1人で笑ってて完全にフリーダムだった。れなぽんはフリーにした方が輝くんだな。あゆたろうはゲームセンターとかのカードゲームに手を出しまくってた過去が判明。あやにゃんはこの中ではいちばん人見知りではない上に子どもの頃は集合写真の真ん中にいたということで本人も言っていたがどうしてこうなった。まあでもこのキャラだからこそ癒しの一言がはまるわけだしな。

posted by K at 00:34 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: