2016年05月28日

「翼はいらない」収録曲・歌唱メンバーまとめ

発売が来週に迫った、たぶん今年のオリコン年間シングルランキング1位になるAKB48のニューシングル「翼はいらない」の収録曲・歌唱メンバーのまとめ。

<全タイプ収録>「翼はいらない」作曲・編曲:若田部誠
歌唱メンバー(32名):入山杏奈、大島涼花、大家志津香、岡田奈々、柏木由紀、加藤玲奈、川本紗矢-、木アゆりあ、小嶋陽菜、小嶋真子、島崎遥香、高橋朱里、樋渡-結依、峯岸みなみ、宮崎美穂、向井地美音、武藤十夢、山田菜々-美、横山由依、渡辺麻友(以上AKB48)、北川綾巴、後藤楽々、松井珠理奈(以上SKE48)、白間美瑠、須藤凜々花、山本彩(以上NMB48)、兒玉遥、指原莉乃、宮脇咲良(以上HKT48)、加藤美南、北原里英、高倉萌香(以上NGT48)



今回の表題曲。例年の夏シングルと同様大人数選抜で今回は32人。このうち、樋渡結依、山田菜々美、後藤楽々、須藤凜々花、加藤美南、高倉萌香の6人がAKB48初選抜。また大家志津香は3度目の選抜入りだが、過去2回はじゃんけん選抜だったので運営による選抜は初となる。センターは初の大役を務める向井地美音。

みーおんセンターということで水着MVのザ・夏曲を期待していたのだが「翼はいらない」というタイトルの時点で違うと分かり、じゃあ昨年の「僕たちは戦わない」の系統だろうかと思っていたら、まさかのフォーク調。「恋チュン」以降昔流行ったような感じの曲がときどき出てくるけれども、またちょっと時代が違う感じ。時代順で言うと「ハート・エレキ」→「翼はいらない」→「恋するフォーチュンクッキー」→「ハロウィン・ナイト」みたいなイメージ。期待していた曲調、予想していた曲調とまったく違ったので最初に聴いたときは非常に戸惑ったが、メロディーは覚えやすいし、いわゆる最近のヒット曲と比べてまったく曲調が違うので印象には残るんじゃないかと思う。好まれるかは分からないが。

作曲・編曲は若田部誠さん。AKBでは編曲の方が多く、編曲した曲の数は野中“まさ”雄一さんに次いで多い。しかし作曲も井上ヨシマサさん、伊藤心太郎さんに次いで多く、AKBグループを代表する作曲家・編曲家である。前田敦子「Flower」やフレンチ・キス「ロマンス・プライバシー」などソロや派生ユニットのシングル曲を手掛けたことはあるが、AKBのシングル表題曲を作曲するのは意外にも初となる。

MVはまさにこの曲の時代であろう1972年がモチーフとのことで、みーおんの他、さやねえ、ゆきりん、まゆゆの4人がメインになっている。この4人だけ見るとKとBっぽい。MVの監督は馬場康夫さん。「私をスキーに連れてって」や「彼女が水着にきがえたら」などで知られるホイチョイ・プロダクションズの社長。なので70年代というよりもバブルのイメージが強い人だが、曲とは合っていると思う。


<Type A、Type Bに収録>「Set me free」作曲・編曲:井上ヨシマサ
歌唱メンバー(20名、Team A名義):入山杏奈、大家志津香、大和田南那、小笠原茉由、小嶋菜月、小嶋陽菜、佐々木優佳里、-島崎遥香、白間美瑠、田北香世子、谷口めぐ、中西智代梨、中村麻里子、平田梨奈、樋渡-結依、前田亜美、宮崎美穂、宮脇咲良、山田菜々美、横山由依



今作のカップリングにはチーム曲が収録。そのためAKB48所属の正規メンバーは全員シングルに参加しており、シングル不参加のAKBメンバーは研究生のドラフト2期生6人(野村奈央、久保怜音、高橋希良、西川怜、山邊歩夢、千葉恵里)とバイトAKB・ぱるる選抜の2人(繁藤冬佳、日出有香)。AとKの曲が2タイプに収録され、残るB、4、8、それにNGT48の曲がそれぞれ1タイプに収録される。チームAはType AとType Bに収録。センターは宮脇咲良。

こういう曲、っていうのが自分のボキャブラリーでは説明できない。ゴージャスな感じ、ともちょっと違うか。今のAKBグループではチームAくらいしか歌えなさそうな曲で、個人的にはSDNが歌ってるのをイメージするとしっくりくる。そう考えるとこじはるやあんにんの方が似合いそうな気はするが、まあさくらをセンターから外す理由もないし。作曲・編曲はおなじみ井上ヨシマサさん。「君はメロディー」には参加してなかったので、「唇にBe My Baby」のカップリング「君を君を君を…」以来。


<Type C、劇場盤に収録>「哀愁のトランペッター」作曲・編曲:和田耕平
歌唱メンバー(19名、Team K名義):相笠萌、阿部マリア、石田晴香、市川愛美、兒玉遥、篠崎彩奈、島田晴香、下口ひなな、鈴木まりや、田野優花、中田ちさと、中野郁海、-藤田奈那、峯岸みなみ、向井地美音、武藤十夢、茂木忍、山本彩、湯本亜美



Type Cと劇場盤に収録されるのがチームKの曲。センターは表題曲に続いて向井地美音。先日兼任解除を発表した山本彩にとっては最後のチームK参加曲になると思われる。

ラテン調、というのかな、こういう曲は。自分はどうもこういうアレンジの曲を聴くと必ずポルノグラフィティを連想してしまう。Kのイメージというとやっぱりカッコイイとか熱いとかそんな感じなんだけど、今回はカッコイイはカッコイイけど熱いとはまた違ったカッコ良さ。まあメンバーがもう全然違うし、チームKのカラーというのが変わってきてるのかなと思う。作曲・編曲は和田耕平さん。過去にはNMB「恋愛ペテン師」やAKB「群像」などの作編曲を手掛けている。

印象的なのがMVで、かなりスタイリッシュ。あと映る順番で序列みたいなものも分かるんだけど、今回は
みーおん・さや姉・はるっぴ→みいちゃん・十夢→田野ちゃん・なぁなといった順番になっていて、なぁなが結構良い位置に来ている。ここからさや姉が抜けるわけだから、なぁなも主力の1人と捉えられているということか。


<Type Aに収録>「恋をすると馬鹿を見る」作曲・編曲:ツキダタダシ
歌唱メンバー(16名、Team B名義):梅田綾乃、大島涼花、柏木由紀、加藤玲奈、木アゆりあ、後藤萌咲、坂口渚沙、竹内美宥-、達家真姫宝、田名部生来、福岡聖菜、馬嘉伶、矢吹奈子、横島亜衿、渡辺麻友、渡辺美優紀



Type Aの3曲目はチームBの楽曲。センターは加藤玲奈、木アゆりあ。台湾から来た馬嘉伶(まちゃりん)は今作が初参加となる。

曲自体はBのイメージによくあるキュートなアイドルポップスをちょっとひねった感じ、という印象なんだけど、この曲に関してはMVがよく分からなさ過ぎてそっちに心を持っていかれてしまった。たぶん銭湯かどこかで寝ちゃったれなっちの脳内、みたいな設定なんじゃないかと思うんだけど、まずそこからして曲と関係ないし、しかもその後神輿担いでるし、正直かなり戸惑った。それとも分からないのはこれがショートバージョンだからでフルバージョンなら意味も分かったりするのだろうか。作曲・編曲はツキダタダシさん。SKE「1!2!3!4!ヨロシク!」などの作曲で知られる。王道というより若干変化球な曲が多い印象。


<Type Bに収録>「考える人」作曲・編曲:板垣祐介
歌唱メンバー(19名、Team 4名義):飯野雅、伊豆田莉奈、岩立沙穂、大川莉央、大森美優、岡田彩花、岡田奈々、川本紗矢、北川-綾巴、北澤早紀、小嶋真子、込山榛香、佐藤妃星、渋谷凪咲、高橋朱里、朝長美桜、西野-未姫、野澤玲奈、村山彩希



Type Bの3曲目はチーム4の楽曲。センターは小嶋真子と岡田奈々。

カップリングにチーム曲が入るのは「唇にBe My Baby」のとき以来なのだが、A、K、Bはその時とセンターが代わっていない一方で4と8は変化があった。4は前回はこじまことさややだったのだが、今回はさややに代わってなぁちゃんが入った形になる。なぁちゃんは「翼はいらない」でもメディア選抜に入っており、勢いを感じる。

曲はギターサウンドが印象に残るカッコイイ系。なんとなくSKEがやってそうな曲。4はこれっていうイメージがなくて結構多彩な曲をやっている印象がある。作曲・編曲は板垣祐介さん。「ギンガムチェック」「心のプラカード」などを作曲しており主力作家の1人と言える。それからこの曲はMVがパソコンの画面上だけで進んでいて、けっこう凝っているというかアイデア賞みたいな感じがある。ちなみにこれで歌っているメンバーが分かるので序列的なものも分かる。今回はこじまこ・なぁちゃん→じゅり・さやや→みお・うは・なぎさ→みきちゃん・ゆいりー・こみはるまでが1番で出てくる。まあ大体予想通りかと。


<Type Cに収録>「夢へのルート」作曲:外山大輔 編曲:野中“まさ”雄一
歌唱メンバー(47名、Team 8名義):坂口渚沙、横山結衣、谷川聖、佐藤七海、早坂つむぎ、佐藤朱、舞木香純、岡部麟、本田仁美、清水麻璃亜、橋彩音、吉川七瀬、小栗有以、小田えりな、佐藤栞、左伴彩佳、藤村菜月、横道侑里、服部有菜、山本亜依、橋本陽菜、北玲名、長久玲奈、近藤萌恵里、永野芹佳、太田奈緒、山田菜々美、山本瑠香、大西桃香、M咲友菜、中野郁海、阿部芽唯、人見古都音、谷優里、下尾みう、M松里緒菜、行天優莉奈、高岡薫、廣瀬なつき、吉田華恋、福地礼奈、岩ア萌花、倉野尾成美、吉野未優、谷口もか、下-青木香鈴、宮里莉羅



Type Cの3曲目はチーム8の楽曲。47人全員が参加しているが、この中で藤村菜月、山本亜依、岩ア萌花の3人はすでに卒業しており、これが最後の楽曲参加となると思われる。センターは初センターとなる山田菜々美。

今回の全楽曲の中でこれがいちばん、世間が「AKBっぽい」と思う曲だと思う。チーム8も最近はいろんな曲調に挑戦しているけど、今回は久々に王道アップテンポで、チーム8の代表曲の1つになりそうな予感もする。個人的にも今回はこれが一番好き。作曲は最近多く起用されている外山大輔さん。「君はメロディー」でも3曲担当しており、2作連続で作曲しているのも外山さんだけとなる。編曲はおなじみの野中さん。


<劇場盤に収録>「君はどこにいる?」作曲:伊藤心太郎 編曲:若田部誠
歌唱メンバー(26名、NGT48名義):大滝友梨亜、荻野由佳、小熊倫実、柏木由紀、加藤美南、角ゆりあ、北原里英、日下部愛菜、佐藤杏樹、菅原りこ、清司麗菜、高倉萌香、橋真生、太野彩香、中井りか、中村歩加、奈良未遥、西潟茉莉奈、西村菜那子、長谷川玲奈、本間日陽、水澤彩佳、宮島亜弥、村雲颯香、山口真帆、山田野絵

今回の劇場盤収録曲はNGT48が担当。NGT48メンバーが主演を務めるドラマ『ひぐらしのなく頃に』の主題歌になっており、今のところ唯一タイアップがついてる曲になっている。今回は柏木由紀を含むNGT48メンバー26人全員が参加。センターは加藤美南。

劇場盤の曲なのでMVはないが、ドラマのエンディングやNGTのラジオなどで聴ける。ドラマが昭和の閉鎖的な村を舞台にしているからか昭和歌謡みたいな、もしくは昔のアニメソングみたいな曲。ドラマの雰囲気とも合ってると思うし個人的には結構好み。作曲は伊藤心太郎さん。「恋するフォーチュンクッキー」「愛の存在」などを作曲しており、主力作家の1人。編曲は表題曲に続いて若田部さん。


ということで、今回は全7曲。個人的に好きなのは「夢へのルート」>「君はどこにいる?」>「翼はいらない」の順。一番多く参加しているのは山田菜々美(表題曲・A・8)、柏木由紀(表題曲・B・NGT)でそれぞれ3曲。今回カップリングがチーム曲なのでほとんどが1曲か2曲なのだが、8とAを兼任してかつ8で唯一選抜に入った山田と、NGTを兼任しているゆきりんが最多となった。

「翼はいらない」は6月1日発売。


44th シングル「翼はいらない」Type A 【初回限定盤】 - AKB48
44th シングル「翼はいらない」Type A 【初回限定盤】 - AKB48
44th シングル「翼はいらない」Type A 【通常盤】 - AKB48
44th シングル「翼はいらない」Type A 【通常盤】 - AKB48


44th シングル「翼はいらない」Type B 【初回限定盤】 - AKB48
44th シングル「翼はいらない」Type B 【初回限定盤】 - AKB48
44th シングル「翼はいらない」Type B 【通常盤】 - AKB48
44th シングル「翼はいらない」Type B 【通常盤】 - AKB48


44th シングル「翼はいらない」Type C 【初回限定盤】 - AKB48
44th シングル「翼はいらない」Type C 【初回限定盤】 - AKB48
44th シングル「翼はいらない」Type C 【通常盤】 - AKB48
44th シングル「翼はいらない」Type C 【通常盤】 - AKB48

posted by K at 22:53 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: