2016年05月30日

NGT48 Team NV2nd「パジャマドライブ」公演 初日セットリスト&感想

NGT48、Team NVの新公演「パジャマドライブ」公演が初日を迎えた。そのセットリストのまとめ。


NGT48 Team NV 2nd公演「パジャマドライブ」初日公演
出演メンバー:荻野由佳、小熊倫実、加藤美南、北原里英、佐藤杏樹、菅原りこ、高倉萌香、太野彩香、中井りか、西潟茉莉奈、長谷川玲奈、本間日陽、村雲颯香、山口真帆、山田野絵、奈良未遥
(以下EN1後登場)大滝友梨亜、角ゆりあ、日下部愛菜、清司麗菜、橋真生、中村歩加、西村菜那子、水澤彩佳、宮島亜弥

(メンバー表記のないものは全員、センターは☆)
00.Overture
01.初日
 最初の掛け声
 北原「いきます!新潟から全国へ、トキのように、羽ばたけますように!」
 全員「NGT48!」
02.必殺テレポート
03.ご機嫌ななめなマーメイド
04.二人乗りの自転車
自己紹介MC
順番(自己紹介順)
(1列目)中井・本間・北原・高倉・小熊
(2列目)西潟・奈良・佐藤・山田・山口
(3列目)太野・村雲・菅原・加藤・荻野・長谷川
05.天使のしっぽ:高倉☆・小熊・中井
06.パジャマドライブ:本間☆・佐藤・山田
07.純情主義:西潟☆・北原・奈良
08.てもでもの涙:加藤・山口
09.鏡の中のジャンヌ・ダルク:荻野☆・太野・菅原・村雲・長谷川
MC:佐藤・山田・中井・小熊・高倉
10.Two years later
11.命の使い道
 セリフ:佐藤「おじさん、何が欲しいの」
12.キスして損しちゃった
 セリフ:北原「えつろーくーん!」「えつろー!」
MC前半:荻野・山口・西潟・長谷川・中井・村雲・加藤・菅原・太野・山田
MC後半:北原・佐藤・小熊・高倉・本間・奈良
13.僕の桜

EN1.ラブラブNV!(原曲:ワッショイB!)
MC→研究生登場
EN2.君はどこにいる?
EN3.Maxとき315号

以下感想。
全体の感想として、とにかくみんな成長したなと思った。「PARTY」公演の初日と比べてもパフォーマンスは完成度が高くなっていたと思うし、初日ながらカメラに笑顔を向ける余裕があるメンバーもいた。まあNGTとしての本当の初日と、1つの公演の初日では違って当たり前なのかもしれないが、「PARTY」よりも難易度が高い公演をよく仕上げたと思う。メンバーもかなり頑張ったらしく、あんじゅはいちばん泣いてたらしいし、がたねぇは胃薬いっぱい飲んだらしいし、れなぽんは声枯れるし。もちろんまだ伸びしろはあるし、成長を楽しみたいという人もこれから楽しめるはず。

まずメンバーから見ると、ソロコンサートで忙しいゆきりんのアンダーにはみはちゃんが入った。アンダーとはいえ初日にフル出演で来たというのはみはちゃん本人にとっても嬉しいんじゃないかと思う。あらかじめゆきりんアンダー、きたりえアンダー、みたいに振り分けられていた可能性もあるけど、たぶん競争を勝ち抜いたんだと思うし、とにかくおめでとうと言いたい。今日のパフォーマンスも正規メンバーに引けを取っていなかった。

「初日」の最初は円陣から始まって、キャプテンの掛け声から始まるのが恒例となっているんだけど、NGTも新しい掛け声を作ってきた(もしかして裏では以前からやってるのかもしれないけど)。トキが入ってたり、これぞNGTオリジナルっていう良い掛け声じゃないだろうか。

ユニット曲を見ていくと、まず「天使のしっぽ」はおかっぱ、つぐみん、りかちゃん。見どころは中学生に混じって「天使のしっぽ」をやる中井りかさん(18)。いや、すごく似合ってたけども。あとおかっぱも「暗い曲が多くて好き」って言ってたのに暗さがまったくないこのユニットをやってるのがなんだか面白かった。

続いて「パジャマドライブ」はひなたん、あんじゅ、のえピー。公式ツイッターの中の人に「歌唱・ダンス・表現力ともにNGT48のトップクラスが揃った」と言わせた3人で、やはり見ごたえがあった。ひなたんとのえピーはまあ想像もついたけど、あんじゅは完全に予想外だったな。絶対後ろ3曲のどれかだと思ってた。

「純情主義」はがたねぇ、きたりえ、みはちゃん。ゆきりんが出るときはみはちゃんの代わりにここに入る。まあ大人っぽい曲ではあるけど、ここまで思いっきり大人メンバーで固めるとは思わなかった。ゆきりんが入ったら平均年齢23歳だよ。そして注目はベテラン2人を従えてセンターとなるがたねぇだろう。「キスはダメよ」もセンターだったけど、このメンバーでセンターをやるのはまた違ったプレッシャーがありそう。今日は目を見開いていてすごい緊張してるのが伝わってきた。

「てもでもの涙」はかとみなとまほほん。「パジャドラ」か「ジャンヌ」だと思っていたので、ここにかとみなが入るっていうのがなかなか意外だった。そしてこの2人にあんまり絡んでるイメージが無くて、結構真逆な感じのする2人が組むとどうなるんだろうと思っていたが、まあなかなかだったんじゃないかと。これから回数を重ねればもっと息も合ってくるだろう。ところでまほほんの滑舌の悪さはよく知られていると思うが、たぶん「し」とか「ち」あたりが特に苦手っぽい。なのにまほほんの歌うパートでことごとく「し」や「じ」が出てくるので申し訳ないがちょっと面白かった。ほんとに申し訳ないんだけど。

そして「鏡の中のジャンヌ・ダルク」はおぎゆか、アヤカニ、りったん、もふちゃん、れなぽんの5人。5人中4人は納得のメンツなんだけど、りったんだけは完全に予想外だった。というかりったんは自分の中で絶対「天使のしっぽ」だと決めつけていたのでそこで出てこなかった時点でまず驚いた。そしてこのりったんがビックリするほどハマっていた。新たな一面を見た。もちろん他のメンバーも素晴らしくて、とくにセンターのおぎゆかの気迫は見事だった。個人的には全ユニットの全メンバーのなかで一番良かった。

「命の使い道」と「キスして損しちゃった」はセリフがあり、この部分は言うメンバーもセリフも公演ごとに変わる。初日の人選(「キスして損しちゃった」で言われる人選も含め)としては最適(とくにあんじゅ)。

アンコール1曲目は元は「ワッショイB!」で、とくに「ワッショイ」の部分をどうするのかが注目だったが「ラブラブ」は予想の斜め上をいったな。この字面を見るとメンバーはともかく男性ファンとしてはなかなか一緒に言いづらい気もするが、本来の「ラブラブ」の意味に加えて劇場がある「ラブラ2」にもかかっており、実際はほとんど「ラブラー!」って聞こえる。なので「ラブラー!」と叫べばいいと思う。また「B!B!B!」のところは「N!V!V!」に、「最強チームはB!B!B!B!」のところは「最強チームはN!V!N!V!」に変わっている。ちなみにメンバーの登場順は50音順で、アンダーメンバーは元のメンバーのところに入る。なのでみはちゃん(奈良)はつぐみん(小熊)とかとみな(加藤)の間にいた。

そして物議を醸したのが「白いシャツ」が削られたこと。「白いシャツ」で終わってこそパジャドラだ、という人もいるだろうし賛否両論があるのも分かる。自分も最初無いまま終わってビックリした。でも個人的には「白いシャツ」を削って「君はどこにいる?」と「Maxとき315号」を両方入れた判断には賛成したい。こういうセットリストになったのはまず前提として、
1.「パジャドラ」は「PARTY」より曲数が多く公演時間が長いので(というか「PARTY」が短い)、全部の曲をやった上でNGTの曲をやるのは厳しい
2.「水夫は嵐に夢を見る」という曲が諸般の事情でできないため、そもそもオリジナルをそのままやるのが不可能
というのがあって、その上で、
・オリジナルをなるべく尊重して、その分NGTの曲を1曲にする
・NGT色を強く出すためにNGTの曲を2曲入れ、「水夫」のついでに「白いシャツ」も削る
という2つの選択肢から後者を取ったということなんだと思う。『PORT』でアラレさんも言ってたけど、これがNGTのオリジナルだと、これがNGTの「パジャマドライブ」公演だという風に考えるのが良いと思う。

物議を醸したでもう1つ言うと初日はMCが長かった。これに関しては自分は理由があると思っていて、初日公演をやっている裏で、あゆたろうとみーずんがローカルのテレビ番組に出ていた。なのでこの2人がアンコール後の出演に間に合うようにMCを伸ばしていたんじゃないかと推測している(もし番組が生放送じゃなかったのならごめんなさい)。これは今日が17:30スタートだったから起きたことで、普段の夜公演は18:30スタートなので今後はこういうことはないと思う。実際2日目の2公演はだいぶ短くなっていた。

NGT劇場最大の特徴であるLEDパネルは今回も活用。今回は「二人乗りの自転車」、ユニット曲後のMC、「ラブラブNV!」の前、「Maxとき315号」で使われている。「Maxとき」は以前から映像が流れていたが映像が新しくなった。結構面白そうな映像なので、しばらくしたらYou Tubeとかにアップしてくれないかなと期待している。

自分の中では全体的に満足度は高めだった。メンバーが成長したっていうのもあるし、あと自分はやっぱり「パジャドラ」の曲が好きなんだなと思った。曲調が多彩なので見ていて楽しい。たぶんこの公演は「PARTY」よりも長くやることになると思うので、どう成長していくか見守りたい。
posted by K at 01:48 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: