2016年06月16日

2016.06.16 巨人10-7楽天

初回、ウィーラーの2ランで楽天が先制。しかしその裏、長野のタイムリーと村田の内野安打にエラーが絡んで巨人が2点を取り、すぐさま同点とする。巨人は2回、橋本のタイムリーで勝ち越すが、3回、岡島の2ランとピッチャー美馬のタイムリー内野安打で楽天が3点を取り、逆転。4回、ダブルプレーの間に巨人が1点を返し、1点差とするが、5回、内田のプロ初ホームランで楽天が1点を追加。巨人はその裏、ギャレットのタイムリーでまたも1点差とすると、7回には小林の犠牲フライでついに同点に追いつく。しかし8回、足立がマシソンからこちらもプロ初となるホームランを打ち、楽天がまたも勝ち越す。しかしその裏、ここまでノーヒットだった坂本の逆転2ランで巨人が2回以来の勝ち越し。さらに松本の内野安打にエラーが絡んで1点、小林のタイムリー内野安打でもう1点を取り、逆に3点差をつける。最後は澤村がしっかり締め、壮絶な打撃戦を巨人が制して連勝。5割復帰となった。

先発の大竹は3回途中5失点。今日の試合がこんな展開になったのは大体大竹のせいと言ってもいいだろう。一軍昇格後は安定した投球をしていたが、今日は大きく崩れた。やっぱり四球で相手にチャンスを与えてしまうとダメだな。

中継ぎは田原とマシソンがホームランで失点、西村は無失点だが大竹のランナーを返す、宮國と澤村は完璧と明暗が分かれた。とくに素晴らしかったのが宮國で、ずるずる点を取られそうなところで2イニングを完璧に抑えて流れをこっちに持ってきた。勝利投手はマシソンになってるけど、今日は宮國が実質勝ち投手だと思う。

打線は18安打と久々の大爆発。調べたら4月27日以来(田口が数試合分の援護をもらった試合以来)の2ケタ得点だった。相手に点を取られても食らいついていったのが最後の逆転につながったと思う。それまでノーヒットだったのに最後に逆転ホームランを打つあたりやっぱり坂本持ってるな。あと橋本が4安打したのは1番打者いない問題の解決に向けて非常に明るい材料だった。調子が良い間だけでも固定したい。

3カードぶりの勝ち越しで5割復帰。交流戦は8勝目で昨年の7勝を上回った。あと1つ勝てば交流戦5割以上が確定する。最後はロッテ戦、1つは確実に取りたい。明日の先発は巨人が菅野、ロッテが涌井。防御率1位独走中でありながらいまだ5勝にとどまっている菅野。決して菅野のせいではなく打線のせいなのだが、一応打線もここ3週間は完封負けはないので、菅野はぜひ完封を目指してほしいところ。ちなみに、明日4イニング投げると早くも今季100イニングに到達する。対する涌井は今季12試合に投げて5勝3敗、防御率2.59。4月中に5勝を挙げたが、そこから1ヶ月半勝ちに見放されている。ただ内容が悪いわけではなく、5月には2試合連続で完投負けをしている。打線は菅野の試合は勝つ大チャンスなので、とにかく打ってほしい。今日ほどとは言わない。半分で良い。

posted by K at 23:55 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: